子どもがいじめに遭った時、「安心して相談できる親」であるために大事なこと3つ

新年度を迎え、新しいクラスやクラスメートにもようやく慣れてきた頃、子どもの日常にも変化が訪れます。

子ども達にも当然ながらいろいろなタイプの子がいます。活発な子やおとなしい子はもちろんですが、意地悪な子も存在します。

わが子にも、意地悪をされたり、悪口や陰口を言われたり、恥ずかしい思いをしたなど、きっといろいろなことが起こり始めているでしょう。

そんな時、子どもが安心して親に相談できれば、子どもはストレスを溜めずにすみますし、大きないじめにつながる前に気付いてあげられるでしょう。

今日は『グローバル社会に生きる子どものための6歳までに身に付けさせたいしつけと習慣』の著者・平川裕貴が、どんな風に接していけば、子どもが安心して相談できるのか、親が取るべき態度についてお伝えします。

たとえ5分でも子どもの話をゆっくり聞いてあげる

ママはいつも忙しいですね。特に下の子がいたりすれば、時間がいくらあっても足りないでしょう。

でも、子どもが幼児期の間は、家をきれいにしたり家事を完璧にこなすことは諦めましょう。それより大切なことがあるからです。

忙しがって子どもが話しかける隙を与えていないなんてことはありませんか?

子どもはいつも自分の話を聞いてもらいたいと思っていますが、ママがいつもバタバタと忙しそうにしていれば、「ママ、忙しそうだから・・・」と、子どもは相談したいことを我慢してしまいます。

食事中や寝る前に、たとえ5分だけでも子どもと向き合って、話を聞いてあげる時間を作りましょう。

子どものちょっとした悩みは、「ああ、そうなの?」「悲しかったんだね」と、聞いてあげるだけでいいのです。

たいていは、聞いてもらうだけで、スッキリするものです。

子どもの悩みを批判したり、突き放したりしない

精神力の強い子になってもらいたいからと突き放してしまうのは逆効果です。

人は、自分の悩みを受け止め、理解してくれる人がいるからこそ強くなれるのです。

「そんなことで泣いたりするから弱虫って言われるんでしょ!」とか「言い返しなさい!」などと突き放してしまうと、深刻ないじめを受けた時に、親に本音を話せなくなってしまいます。

「そんなことがあったの? それは悲しかったね。話してくれてありがとう」と共感してあげましょう。

子どもの相談ごとを根掘り葉掘り問い詰めない

子どもの世界では、日々いろいろなことが起こります。本当に深刻ないじめもありますが、ちょっとしたおふざけやジョークなどが、いじめとの誤解を生むこともあります。

ですから、子どもの報告にいちいち、「どんなことされたの?」「いつされたの?」「先生にもちゃんと話したの?」「●●君のお母さんにもうしないでって言ってあげようか?」などと大騒ぎをしてしまうと、子どもは、余程のことがないとママには言えないと思ってしまいます。

「そう、そんなことがあったの…」とあまり問い詰めないで聞いてあげましょう。

普段から、子どもの小さな悩みを聞いていればこそ、いつも同じ子どもの名前が出てくる、されることがだんだんエスカレートしているなど、本当に行動を起こすべき時がわかるのです。

まとめ

子どもの悩みのほとんどは生きる上で必要な経験であり、精神力を強くする薬になります。

様々な悩みを自分なりに消化していくことで、人は精神的に強くなっていきます。

でも、小さな悩みや不安が消化されずにどんどん貯まっていくと、大きな悩みや不安や不満となって、不登校や引きこもり、最悪の場合は自殺という形で爆発してしまうかもしれません。

親の役目は、子どもが辛いことや悲しいことを、自分の力で消化できるように見守り、導き、手助けをしてあげることです。

子どもが小学校の高学年位になると、親友と呼べる友達もできて、悩みやちょっとした不安は、親ではなく友達に相談できるようになるかもしれません。

それでも最後に頼るのは親です。幼児期に親に安心して相談できる関係をしっかり築いておきましょう。

(ハピママ*/平川 裕貴)

関連記事
最新記事