1

仕事に「不満」7割 転職で「失敗しない」ヒントは?

キャリアを積むため、お金のため、自己実現のため...... 働く理由は人それぞれあるが、現在、7割もの人が「今の自分の仕事に満足していない」ことが、人材採用・入社後の活躍を支援するエン・ジャパンの「仕事の満足度」調査でわかった。

仕事にやりがいを持って、満足して働くというのは、なかなか難しいようだ。

「やりがいを失うってツライ......」

エン・ジャパンのアンケート結果(2017年3月1日~4月2日調査、有効回答数6427人)によると、「仕事の満足度について教えてください」という問いに、「満足している」と答えた人は31%、「満足していない」は69%にのぼった。じつに7割の人が、なんらかの不満を抱えて働いているわけだ。

「満足している」と答えた人にその理由を聞くと、「仕事のおもしろさ」が50%でトップ。次いで「人間関係のよさ」が45%、「休日休暇日数」が33%。「勤務時間」29%、「仕事の裁量度」28%、「成長できる環境」と「給与額」が23%と続いている。

その一方で、「満足していない」という人の理由は、「給与額」が62%と断トツのトップ。以下、「成長しづらい環境」が47%、「人間関係の悪さ」が44%。「仕事におもしろみがない」と「評価制度」が38%、「勤務時間」34%、「休日休暇日数」28%と続いた。

やはり、給与への不満が募って不満を溜め込む人が多いようで、給与につながる評価制度や勤務時間といった「働き方」への満足度が低いことがうかがえる。

働き方への不満が溜まると、仕事のおもしろさや、やりがいを感じるゆとりがなくなるのかもしれない。

「仕事の満足度」が上がったワケ

仕事や働き方について、ツイッターでは、

「仕事にやりがいを求めて、やりがいを失うってツライ......」

といった悩みを抱えているとみられる人から声が寄せられているほか、

「転職して早2年。仕事はまだまだ覚えること、難しいこと、怒られることもたくさんあるけど、あの時の決断は間違ってなかった」
「もっともっとこの仕事で成長したい。月並みだけど、仕事が楽しい」

と、転職成功組の声も少なからずあった。

ちなみに、「転職などをして仕事の満足度が上がった」と答えた人に、仕事探しや選考時に意識したこと、工夫したことを聞くと、

「面接の時に聞いておきたいことはすべて聞けた」
「施設を見学させてもらい、スタッフと話してみて、やりがいがあるか確認した」
「何が原因で転職したいと思ったかを考え、その原因を改善できるような求人情報をピックアップした」
「仕事内容をしっかり確認、面接でも相違がないか確認をした。ネットでその会社の評判を調べ、退職者の退職理由を読んだ」

などの声が寄せられた。

事前の準備を怠らないことが大切なようだ。

関連記事
最新記事