禁煙のモチベーション、男は「性機能障害」がもっとも効果的。女は…

あくまで自分の欲望に忠実に禁煙しよう!

苦悩をなくし人生を変える痛み改善ドクター 富永喜代です。私は、禁煙指導専門医の資格を持ち、中四国一患者さんの多い(ファイザー社調べ)スパルタ禁煙外来で、毎日、ニコチン依存症の治療をしています。

イギリスのある研究者が、興味深い調査結果を発表しました。男性には性機能障害を、女性には肌トラブルを訴えたほうが禁煙に対するモチベーションが上がるというのです。

50歳以上の人なら、病気リスクや死の危険性を訴える内容が、禁煙モチベーションアップに効果的でしょう。

一方で、いくら若い人に向かって、

「喫煙は肺がんの原因になります」
「喫煙は脳卒中の危険性を高めます」

と叫んだところで、危機感はありません。若い人にとっての死は、遠い遠いガンダーラ。そんな、いつ来るのかわからない「死の問題」を指摘されても、誰の心も動きません。禁煙は、身近で現実感あふれる問題解決が、そのモチベーションを高めます。

具体的には、
モテたい!
セックスが強い男でありたい。
キレイな美肌になりたい。
シミを作りたくない。
彼氏に嫌われたくない。

禁煙は、遠い理想より、目先の利益、快楽を選んでいいんです! 今、まさに悩んでいる問題解決に直結するほうが、禁煙成功率も格段に上がります。

小さいお子さんがいらっしゃる人なら、子どもへの影響が気になることでしょう。若い女性なら、妊娠や出産に対するリスクも悩ましい問題です。婚約者から結婚を期に禁煙を! と迫られたり、孫が嫌がるから禁煙したい、と始められる方もいます。

住宅ローン、教育費、介護費用と、お金のために禁煙する方もいます。ハワイに行きたいから禁煙します! と、宣言された方もいらっしゃいます。

タバコをすったら、何倍肺がんになりやすい。寿命が何年短い。虫歯や歯周病になりやすい。

そんな遠い課題より、あなた自身が直面している問題を解決しましょう。あなたの周りには、禁煙するだけで解消する事がたくさんあるはずです。

いつか禁煙できたらなあ…。そう思い続けて、早、何年が過ぎ去ったことでしょうか? 

病気や死のリスクが目の前に迫って禁煙するよりも、人生の早い段階で新たなスタートを切ったほうが断然お得です。禁煙するだけで、タバコのリスクにおびえる時間は確実に短くなります。

何のために禁煙するか? 「健康のために禁煙します」なんて、いい格好を言わなくていいんです。あくまで自分の欲望に忠実に禁煙してください。そのほうが、絶対に禁煙成功率が上がります。

関連記事
最新記事