1

焼いたサーモンの表面に浮き出てくる白いモノ 驚きの正体とは

鮭を焼いて食べると美味しいですよね! でも焼くと滲みでてくる白いモノ……これは何だろう?と思っていませんでしたか?
【Michelle No、Mamiko Nakano / BuzzFeed Japan】

脂肪かな?と思った人もいるかもしれません。

実はこれはアルブミンというタンパク質なのです!

魚を加熱すると、筋肉繊維が収縮してアルブミンが浮き出てくるのだと、America's Test Kitchenには説明があります。見た目は悪いですが、特に害はないようです。

低温で調理したり、調理前に塩水につけたりすると、白いモノが浮き出てくるのを防げるそうです。

はちみつをかけて、膜を作るのも効果的です。ハニーグレーズ・サーモンですね。

関連記事
最新記事