幸せ呼ぶ猫神の呟き リモコンひとつで「もっと」節約! 面倒くさがり屋でもできる「エアコン節電術」
                 


リモコンひとつで「もっと」節約! 面倒くさがり屋でもできる「エアコン節電術」

暑い日が続くとどうしても一日中エアコンに頼ってしまいます。しかも夏休みで子ども達も家に居る時間が長くなると、省エネタイプのエアコンであっても、やはり電気代が気になりますよね。

暑さを我慢して熱中症になるのは本末転倒ですが、できるだけ節電して家計の負担を減らしたいものです。

 そこで、エアコンのリモコンひとつでさらに節電できる方法をまとめてみました。

■エアコンを使う前に、窓を開けて床・壁・天井の熱を冷ます

 外出から帰った時や朝起きて居間に入る時など、暑くなった部屋に入ると誰でも一刻も早くエアコンのスイッチをONにしたくなります。しかし、スイッチをONする前に、まずは部屋の窓を開けて換気しましょう。

特に日中留守にしていると、部屋が温室のようなり、床・壁・天井などがあたたかくなっています。

エアコンの効きをよくするためにも、外気を入れてクールダウンすることが重要です。着替えたり汗を流している数分の間でOK。室内の空気が入れ換わってから、リモコンでスイッチを入れましょう。

■Step1:まずは「自動」モードで運転

 リモコンのモードは「自動」が基本。暑いからと言って、いきなり「強風」にするのは間違い。というのも、エアコン内部の冷却機がしっかり冷えて、冷たい空気を送り出せるようになるまでは、それなりに準備が必要だから。

準備が整わないうちにいくら強風にしても、生あたたかい風しか送り出せないのです。「自動」モードなら、エアコンの準備が整うタイミング・風向・風量、全て効率良い運転をしてくれます。

エアコンのことはエアコン自身に任せる気持ちで、まずは「自動」モードを信用してみて下さい。

■Step2:設定温度は「28度」から

 部屋が暑いからと言って、設定温度をいきなり下げれば良いという訳ではありません。

リモコンの設定温度が28度であろうと24度であろうと、部屋の温度が設定温度を超えていれば、目標の温度になるまでは最大運転をするので、吹き出す冷風の温度は変わりません。

まずは、省エネ推奨の28度で運転を開始してみましょう。部屋が設定温度に近づくと、エアコンの運転パワーが弱まり安定運転に入りますので、それまで設定温度はいじらずに我慢しましょう。

■Step3:「風向」を変えて自分に風を当てる

 先にも書きましたが、「自動」モードは、風向・風量ともに、全てコントロールして効率の良い運転をしています。たとえば、冷気は下に溜まるので、冷房の時はルーバーが上向きになっているはずです。

しかし「暑い」と感じた時は、リモコンで「風向」を変えて自分に直接風が当たるようにするのも対策のひとつ。風向きを変更しても電気代は変わりませんが、風が当たれば体感温度は1~2度下がると言われるのでお試しを。

ただし、コレは自分ひとりで使っている時に限られます。複数の人が一緒の部屋に居る時は、ルーバーが左右にスイングするモードなどを活用して下さい。

■Step4:「風量」を変えて空気の対流を促す

 「風向」の変更だけではまだ暑い! と感じる場合は「風量」を少しアップしてみましょう。より多くの風が当たることで、体感温度がさらに下がるはずです。

エアコンの場合、設定温度を下げるとコンプレッサーをさらに動かさなくてはなりませんが、「風量」はファンを動かすだけてなので消費電力は少なくて済みます。電気代がかからない節電効果の高いところから試していくのが原則です!

■Step5:「設定温度」を下げる

 それでも暑い! ダメだ……となったら、いよいよ最後です。「設定温度」を下げましょう。経産省の発表などでは、設定温度を1度上げると10%の節電になると言われます。

ということは、1度下げれば10%消費電力がアップすると置き換えられます。単純に計算すると、安定時に300Wの電力を消費していたら330Wにアップしてしまうということに。一気に何度も下げずに1度ずつ様子をみながら下げていきましょう。

 リモコンひとつで、いくつか対策が打てるものです。これなら、面倒くさがりの人でも寝転がりながらでもできるはず! いま直ぐリモコンを手にとって、少しでも節電になるエアコン使いを実践してみて下さい。

関連記事
最新記事