便秘を解消するコーヒーの正しい飲み方や注意点について解説

便秘がコーヒーに良いと言われる理由について

・【カフェイン】
コーヒーに含まれるカフェインには胃腸を活発化する働きがあります。そのことから、体内に取り入れた食べ物の消化が早くなり、便秘を解消することができるのです。特に朝からコーヒーを飲むことで1日を通して胃腸の働きがよくなります。また、注意点としては、カフェインの覚醒作用は8時間続くことから、睡眠の質を落とさないためにも午後2時以降は飲まないことをおすすめします。

・【コーヒーに加える乳製品】
ブラックよりもカフェオレやカプチーノなどのメニューが好きという女性も多いかと思いますが、これらには腸内環境を整える作用がある乳製品が豊富に含まれています。

・【コーヒーオリゴ糖】
コーヒーオリゴ糖とはコーヒー豆のカスから新たに発見されたオリゴ糖の一種です。オリゴ糖は腸内に存在する善玉菌と餌になることから腸内の働きを活発化させ、便秘解消に有効的と言われています。また、コーヒーオリゴ糖は普通のお砂糖と違ってカロリーも低く、ダイエットに最適です。

コーヒーで便秘が悪化する場合も?注意点について

【水分不足】
カフェインには高い利尿作用があるため、飲み過ぎてしまうと体全体だけでなく、便に含まれる水分も同時に失われてしまい便秘になる可能性があります。コーヒーを飲む際は1日多くても2杯までにとどめておくことをおすすめします。

【クロロゲン酸の影響】
コーヒーに含まれているポリフェノールの一種・クロロゲン酸には胃腸の働きを抑える作用があるとされています。1杯あたりに含まれる量はほんのわずかですので普通程度に飲めば便通に影響はありませんが、クロロゲン酸を過剰摂取してしまうと便秘になる場合があります。

便秘解消に最適!コーヒーの正しい飲み方

・冷たいものよりホットコーヒー
コーヒーを飲む際にはアイスコーヒーより温かいホットコーヒーを飲むことで腸内の便が柔らかくなりスムーズにお通じが来るようになります。さらには、体を温めることで基礎代謝がUPし、さらに腸も活発化しますので便秘解消だけでなく健康のためにもホットコーヒーがお勧めです。

・砂糖のかわりにオリゴ糖を入れる
便秘解消を促すためにも先ほど文中で紹介したコーヒーオリゴ糖や、オリゴ糖を豊富に含むはちみつ等を甘味料として使用すると良いです。オリゴ糖は善玉菌の餌となるのでタンニンによる腸内環境の乱れを防ぐことができます。

<その他>
また、普通のコーヒーに飽きた際はオリゴ糖・粉寒天などを使ってコーヒーゼリーとして食べるのも美味しく腸活を続けることができるのでおすすめです。

〜材料〜
・水500cc 
・粉寒天4g
・オリゴ糖70g 
・インスタントコーヒー7g

〜作り方〜
1.小鍋に水をいれて、火にかけます。
2.沸騰する前に粉寒天を入れ2〜3分程加熱します。
3.オリゴ糖・コーヒーを加え、へらで軽く混ぜ合わせたら火を止めます。
4.粗熱が取れたらゼリーカップに入れ冷蔵庫で冷やし固めます。

関連記事
最新記事