幸せ呼ぶ猫神の呟き セレブ婚のはずが地獄に…金持ち男の“裏の顔”に気をつけて!
                 


セレブ婚のはずが地獄に…金持ち男の“裏の顔”に気をつけて!

合コンスナイパーの桜井涼(男)です。

 とかくハイスペックな男性を求める女性は多いものです。そりゃ、誰だって苦労はしたくないですから、一生、安定した生活が保証されるセレブ婚に憧れる気持ちはわかります。少しでもステータスの高い男性を求めて、高収入男性ばかりの集まるパーティーなどに夜な夜な繰り出す女性もいることでしょう。

 しかし、金を持っている男性ほど裏で何をやっているかわからないことも多いのです。脅かすわけではありませんが、実際に僕も“裏の顔”を持つ男性をたくさん見聞きしてきました。結果、不幸になった女性も何人も知っています。

◆社長、医者…トンデモない女遊び

 一般的に見て「勝ち組」の部類に入るものの、裏の顔を持つ男たちとは――? 複数の人に話を聞いた中から印象的な例をいくつか紹介しましょう。「友達の外科医は綺麗な彼女がいながら、毎週のように女性を取っ替え引っ替えして遊んでいます。しかも、関係を持った女性には様々な恥辱プレイを要求し、快楽の限りを尽くしているようです。金は腐るほど持っていますから。『1日に複数の女を思い通りにするのが、何よりも快感なんだ』が、そいつの口癖です」(32歳・営業)

「事業で成功して、2人の愛人それぞれにマンションの部屋を買い与えて囲っている社長の友人がいます。奥さんはまったく知らないみたいですけど、ひとりの愛人との間には子供もいて、認知もしているようですね」(35歳・広告代理店)「『遊びという遊びは30までにやり尽くした』と豪語する知り合いの40代社長が、行き着いた先はシャブ。知り合う女も毎回シャブ漬けにしてしまうせいか、連れている女もしょっちゅう変わってます。逮捕されないのが不思議です」(41歳・自動車ディーラー)

「性欲がハンパないらしく、奥さんに隠れて援助交際をしまくっている金持ちの知り合いがいます。それも月に数人どころじゃなく、ほぼ日替わりで週に何人も……。一方で奥さんとの時間もちゃんと作っているので、奥さんも気づかないみたいですね。自分の知らないところで旦那が援交しまくっている事実を知らない奥さんが、不憫で仕方ありません」(不動産・37歳)どうでしょうか? 「英雄色を好む」とはよく言ったもので、金持ちほどたいてい女に走るものなのです。浮気しない金持ちなんて、いないぐらいに思ったほうが良いかもしれません。女性問題以外では、こんなケースも……。

◆セレブ婚のはずが、地獄におちた妻

「美人で誰にでも好かれる性格だった女友達は、出会って数回目のデートで高級ジュエリーをプレゼントしてくるようなアパレル業界の男性と結婚。SNSに彼との海外旅行の写真などもバンバン上げていて、金に惹かれた結婚をしたんだな……と誰もが思っていました。まさにセレブ婚といえましたが、数カ月後から旦那の壮絶なDV癖が発覚。嫌なことがあると顔が変形するくらいまで殴られることは日常茶飯事だったようで、最終的に、彼女は自己防衛のために旦那を果物ナイフで殺める寸前までいってしまいました。

 幸い、旦那は致命傷を負わなかったので刑務所に入ることはなかったものの、もちろん離婚に至りました」(事務・27歳)怖い話ですが、最初はすごく優しかった相手が交際期間を経て豹変するというケースもよく聞く話です。付き合う男を間違えると、自分の人生まで狂ってしまうんですね。 もちろんこれらは一例であって、金を持っている男すべてに裏の顔があるとはいいません。

 とはいえ、ここに挙げた例はすべて実話です。男のスペックやステータスに惹かれるのは仕方のないことですが、イケメンがモテるのが当たり前のように、金持ちにも遊べるチャンスは多い。だからこそ言いたいのです。あなたは男の本質を見極めていますか? 本当に、その男で大丈夫ですか? と。

【桜井涼】
これまで500戦以上の合コンをこなし、通算打率5割をキープしてきた出版界屈指の合コンスナイパー。出会い、恋愛の事情通として雑誌などへの登場も多数。Twitterも更新中。

関連記事
最新記事