1

他人事じゃナイ!? 電車内で起こる“痴漢”の種類と遭遇したときの対処法

最近、痴漢を指摘された男性が線路内に飛び降り、電車でひかれて死亡したという事件が起こりました。この事件のほかにも、痴漢を指摘されて線路に逃げたという事件が2017年の3月以降8件も立て続けに起こっています。法務省が発表している平成27年度版の『犯罪白書』によると、26年に痴漢で検挙された人の数は3,439人(電車内以外も含む)。女性であれば決して他人事ではない犯罪といえます。そこで今回は、痴漢に遭遇したときの対処法についてお話ししていきます。

●痴漢とは

そもそも、痴漢とは人に対して性的な嫌がらせや卑わいな行為をすることを指します。“痴漢”というと電車内で起こるイメージがありますが、暗い夜道や人気のない路上などでも起こります。痴漢は、主に各都道府県の『迷惑防止条例違反』や『強制わいせつ罪』などが適用されます。強制わいせつ罪が適用された場合は、半年〜10年以下の懲役が課せられる ことがあります。

●痴漢の種類4つ

痴漢にはいくつかの種類があると言われています。痴漢されたときにすぐに気づけるように、いくつかの種類を知っておくといいでしょう。

●(1)こっそり系

痴漢の中では一番オーソドックスな方法だと言われています。手の甲でさりげなく女性のお尻をさわったり、腕を組むふりをして隣の女性の胸をさわったりと周囲にバレないように巧妙に 痴漢をします。手で触るだけでなく、電車の揺れに合わせて股間を押し付けてくるパターンもあるようです。

●(2)がっつり系

周囲の目線を気にすることなく、女性の胸やお尻をわしづかみにしたり抱きついたりする大胆なタイプの痴漢 です。酔っぱらいに多いと言われています。

●(3)盗撮系

直接女性の体に触れることはしませんが、スマホのカメラ等で女性のスカートの中を盗撮する タイプの痴漢です。2017年4月には警察官が女性のスカートの中を盗撮した容疑で逮捕されています。

●(4)見るだけ・匂いをかくだけ系

最近“新型痴漢”と呼ばれているタイプの痴漢です。女性の体を触りもしなければ、盗撮をすることもしません。ただ、女性の体をじっと見つめたり、顔を近づけて匂いをかいだり、耳に息を吹きかけたりなどの行為で女性を困惑させます。具体的な痴漢の証拠がない ため、痴漢をする意思があったことを立証できなければ犯罪として成立しづらい側面があります。

●痴漢に狙われやすい女性の特徴

よく言われていることではありますが、痴漢は露出の多い格好をした美女よりも、地味な格好をした大人しそうな女性 をターゲットにする傾向にあるとされています。また、スマホでゲームに熱中していたりイヤホンで音楽を聞いたりしている女性も狙われやすいと言われています。その他、痴漢が逃げやすいドア付近や電車の連結部分の近くにいる女性も痴漢に遭いやすいようです。

●痴漢に遭遇したときの対処法

実際に痴漢に遭遇してしまったとき、頭の中が真っ白になって何も出来ずに泣き寝入りのような状態になってしまうかもしれません。いくつかの対処法を知っておき、自分に適した方法で痴漢を撃退するようにしましょう。

●(1)大声を出す

痴漢をする男性は何よりも痴漢行為が発覚することを恐れています。そのため、大声で「この人痴漢です!」と言ったり叫んだり することで痴漢を撃退することができます。防犯ブザーを持っているのであればそれを使うのも効果的です。気持ちに余裕があれば自分の体を触っていた痴漢の手を捕まえておくと逃走を防ぐことができます。

●(2)周囲の人に助けを求める

大声を出す勇気がない場合は、周囲の人に助けを求めるようにしましょう。「今、この人に痴漢されています」と伝えることで、周囲の人が犯人を取り押さえてくれる ことがあります。

●(3)非常停止ボタンを押す

周囲に助けを求められる人がいない場合は思い切って非常停止ボタンを押すのも一つの手 です。駅員や警察に事情を説明して痴漢を取り押さえてもらいましょう。

●(4)直接戦う

痴漢に対して直接「やめてください」「次の駅で降りましょう」などと毅然とした態度で接する のも効果があります。通報するつもりがないのであれば、肘で押して嫌がるそぶりを見せたり、思いっきり睨みつけたりすることも効果的です。

●(5)次の駅で降りる

気が弱い女性の場合、痴漢されている状況に怯えてしまい、身動きがとれなくなることがあるようです。大声を出したり周囲に助けを求めたりできないようであれば、次の駅で降りてしまう のも一つの手です。気持ちが落ち着いたら駅員に痴漢に遭ったことを伝えるようにしましょう。

いかがでしたか?痴漢は女性にとって非常に身近な犯罪です。いつ被害に遭ってもおかしくありません。もしも被害に遭った場合は、泣き寝入りせずに痴漢と戦うようにしたいですね。

【参考リンク】
・第1節 認知件数・検挙件数・検挙人員等の推移 | 犯罪白書(法務省)(http://hakusyo1.moj.go.jp/jp/62/nfm/n62_2_6_2_1_1.html)

関連記事
最新記事