1

多死社会で「葬儀難民」増加、「遺体ホテル」需要増の動き

 超高齢化社会と呼ばれる現在の日本。その次にやってくるのが「多死社会」だ。厚生労働省によると、2015年の死亡者数は約130万人となり、2039年にはその数が167万人に達すると予想されている。ほかの世代に比べて突出して人口が多い団塊世代が人生の終わりの時期を迎えるためだ。戦争など特殊な事情を除き、30年あまりの短期間でこれほど死者数が増えるのは世界的にも珍しい現象といわれている。

 多死社会になると、何が起こるのか? 社会福祉や老後の保障、医療などの分野での問題はより一層深刻化していく。なかでも、すでにその問題が顕在化しているのが「火葬場」だ。特に都心部では“葬儀難民”が続出している。東京都福祉保健局の統計によると、都内の年間死亡者数は約11万人。毎日平均300人以上が亡くなっている計算になるが、都内の火葬場はわずか26か所。保冷庫は常に遺体で満杯だという。

 そんななか、火葬を待つまでの時間、遺体を安置しておく「遺体ホテル」の需要が高まっているという。

 遺体ホテル──聞こえは新しいが、業務形態は葬儀施設のひとつ。まだ全国に数か所しかないが、「今後増えていくことになるだろう」と見ているのは、大阪の遺体ホテル『リレーション』の代表取締役・栗栖喜寛さんだ。

「『リレーション』のオープンは4年前の4月でした。大阪での火葬場待ちは東京のように1週間ということはありませんが、それでも3~4日待ちというケースも見られます。ただ数年前はこうしたことさえなかったので、だんだん火葬場待ちをされているかたが増えてきているといった現状があります」

 遺体を迎えに行き、24時間、365日対応する『リレーション』は、安置だけなら1泊3000円。その後、故人・遺族に見合ったお見送りのカタチを模索する。通夜・葬儀をするのか、しないのか。するならば食事の段取りはどうするのか。初七日法要も当日に行うのか…。故人を送るためのそういった細かい内容を1つ、1つ、経済的、精神的なケアを重点に、時間をかけて決めていくという。

「葬儀の価値観も、見送り方もずいぶん変化しています。本来はこういったことをゆっくり考えるための時間が必要なのですが、現代社会ではすごく難しくなっている。でも、ここには、その時間があります」(栗栖さん)

 日本の火葬率は99.9%。しかし明治時代初期までは土葬が一般的だった。「死んでまでも焼かれたくない」という観念があり、また遺体を傷つける行為は罪とされる思想が強かったためだ。そもそも開祖である釈迦が火葬されていたこともあって、その後、日本でも火葬によって魂を天へ送るという思想が一般的になった。

 ただ当時、こうした仏教的思想を否定する神道の反発によって、火葬禁止令も出た。しかし戦後の高度経済成長期における都市化で、深刻な埋葬地不足になり、発令は撤回され、火葬が普及したのだ。一般社団法人『火葬研』の代表理事・武田至さんが説明する。

「大正時代に全国で約3万7000か所あった火葬場は、今では4000か所ほどに減少しています。もっともこれは、各地方自治体が稼働していない簡易な火葬場を統廃合し、機能が充実した火葬場にしていった結果でもあるので、単純に激減しているとはいえません。ただ過去1年以内に稼働実績があるのは1453か所にとどまります。人口が集中している都市部では、死者数も当初の計画より増え、火葬までどうしても日数がかかるようになっています。とはいえ、敷地の問題もあって受け入れ数を増やすにも限界があり、近隣住民の理解を得るのに時間を要すので、簡単に建設できるものではありません」

 そんななか火葬場ではさまざまな検討がなされているという。

「火葬の受け入れ数を増やすために、焼香や読経禁止、焼骨確認を省くといった火葬場も出てきています」(武田さん)火葬後に行われる『骨上げ』は、会葬者が箸で遺骨を拾い、骨壺に納めることですが、故人が亡くなったのを受け入れるといった意味合いがある。また地域によっては故人があの世へわたれるように橋渡しをするという想いが込められている。

「しかし最近は骨をいらないという人も増えています。火葬の受け入れ数を増やしたり、運営効率優先のため、こうした儀式がなくなる可能性も否定できません。そもそも欧米では、宗教的な考えの違いもありますが、火葬に立ち会いません。炉に入るところも見ませんし、遺骨も、火葬場職員が集めて後日郵送するか、後から遺族が取りに来るといった形です。多死社会のなかで、現状の火葬場の受け入れ数を高めるため、こうしたこれまでの日本ならではの死者の送り方が、見直されていく可能性があります」(武田さん)

 何事にもお金と時間をかけることに価値を見いださない現代社会では、恋愛や結婚さえコスパで考える人が増えてきた。そうした人たちにとって、死者のためにお金と時間を費やすことは、なんともばかばかしいことなのかもしれない。 葬儀はやらず、お墓も作らない。そうしたなかで迎える多死社会では、もしかしたら「さよなら」までも、簡素化していってしまうのかもしれない。

関連記事
最新記事