人前での「泣き方」でだいたいわかる本当の性格

■あなたは人前で、どのように泣きますか?

 人前で泣く、という行為は、できることなら避けたいもの。ですが、もともと泣き虫な私は年とともにさらに涙もろくなり、今ではところ構わず泣くのでした。歳を重ねると、体力が衰えると共に感情を抑える力も衰えるものなのでしょうか。

 それはさておき、人の「泣き方」には、いくつかの傾向があります。今回は、泣き方からわかる性格と相性を分析しましょう。

 早速、診断スタート! 以下の4つの中からもっとも自分の泣き方に近いものはどれですか?

1.人前では決して涙を見せない
2.感情の赴くままに、恥ずかしげもなく声をあげて泣く
3.ポロポロと涙を流す、いわゆる「女優泣き」
4.顔を手で覆ったり、顔を背けたりして涙を隠そうとする

■1.人前では決して涙を見せないあなたは……

 どんなに悲しくても、つらくても、決して人前では涙を見せないというあなたは、非常に我慢強い人のはず。中には、もともと泣くことがあまりないという、感受性に乏しい人もいるかもしれませんが。

 人前で泣かないということは、簡単には人に弱みを見せない、ということ。こうした人は、恋愛においても感情をあまり表に出さない、クールな人が多いようです。本音をさらけ出さないため、相手にはあなたが何を考えているのかがわからずに、誤解されたり気持ちが離れていったりということも起こりがち。

 また、涙をこらえる人というのは、その分ストレスが溜まってしまうはず。それでも感情を表に出さないよう、自分でコントロールするのが上手な人も多いようです。このタイプは、本当は悲しくても口笛を吹いてみたり鼻歌を歌ったりして、なんとか自力でテンションを上げようとします。ですから人には理解されず、孤独感を抱えている人も多いでしょう。そのため、普段はクールなくせに、妙に情に厚いところがあったりもします。

□あなたと相性の良い相手は……

 感情表現の苦手なあなたは、喜怒哀楽の激しい、情緒豊かな人と相性が良いと言えるでしょう。そういう相手とは、第一印象は悪いことも多いのですが、何かをきっかけに深く知りあうと互いの性格の違いに惹かれ合います。同じように感情を抑えるタイプとは、互いに牽制し合って仲が深まらない可能性が高いはず。

■2.感情の赴くままに、恥ずかしげもなく声をあげて泣くあなたは……

 感情の赴くままに、声をあげて泣いてしまうというあなたは、非常に素直で純真な心の持ち主です。しかし、照れや恥ずかしさという体面よりも、今の自分の感情に身をゆだねるということは、ちょっと子どもっぽい、我慢が足りない性格だと言うこともできます。

 そんなあなたは、自分の思い通りにいかないことがあると、そこから先へなかなか進めないタイプです。恋愛においても、失恋を長いこと引きずってしまったり、相手の過ちを許すことができずにいつまでもねちねちと責めたり、少し粘着質なところがあるでしょう。

 ただし、プラスの感情も同じように前面に出せるため、恋人に何かしてもらったり、プレゼントをもらったりした時の喜び方などは、無邪気そのもの。その天真爛漫さが、大きな魅力として相手を惹きつけることでしょう。

□あなたと相性の良い相手は……

 感情のコントロールが苦手なあなたは、自制心の強い、冷静な人と相性が良いと言えるでしょう。そういう相手とは、第一印象は悪いことも多いのですが、何かをきっかけに深く知りあうと互いの性格の違いに惹かれ合います。ちょっと我慢の足りないあなたですから、相手から受ける好影響は大きいはずです。

■3.ポロポロと涙を流す、いわゆる「女優泣き」をするあなたは……

 顔をゆがめたり声を上げたりすることなく、ポロポロと涙を流すあなたは、かなり「泣き慣れている」はずです。なかには嘘泣きや、相手を惑わす武器として涙を流す、小悪魔的な人もいるかもしれません。けれども、本当に悲しい時も「女優泣き」する人は、どこかに冷めた自分がいて、自分を客観視しているはず。

 そんなあなたは、かなり自意識が強い性格です。大勢でいる時でも、それとなく協調性を発揮しつつ、じつは自分中心に物事を考えているタイプ。また、悲しみやせつなさに浸ることの甘美さを知っているため、雰囲気に酔いやすい性格でもあります。

 恋愛においては2人の関係を自分中心に考える傾向があるため、ちょっとわがままです。自分を演出することも得意で、駆け引きなども無意識にやってしまうタイプ。のめりこむことも多く、このタイプの恋愛はかなり盲目的ですが、冷めてしまうと一転してドライな態度を取ることも。

□あなたと相性の良い相手は……

 自意識が強く、自分中心に物事を考えるあなたは、優しくてマメで、いろいろと構ってくれる相手を好きになりがちです。しかし、本当に相性がいいのは、なかなか思い通りになってくれない、つれない人だったりします。相手から好きになられると最初はラクですが飽きやすいため、自分から惚れることが大事かも。

■4.顔を手で覆ったり、顔を背けたりして涙を隠そうとするあなたは……

 泣きたい気持ちは我慢できないけれど、堂々と泣くほどあつかましくはない。泣いていることをなんとか隠そうとするあなたは、気遣いのできるバランス感覚の良い大人です。

 人前で泣くというのは、感情豊かで人間らしい証拠です。しかし、自分が泣くことで相手に気を遣わせたり、空気が悪くなることはあなたの望むことではない。悲しいなかでも周囲を気遣うことのできるあなたは、きっと思いやりの心を持った優しい人なのでしょう。

 そんなあなたは、恋愛においても自分の気持ちは我慢せず、同時に相手のことも思いやることができます。ただし、お人好し過ぎてちょっと押しが弱かったり、勇気がなくて逃げ腰になったりするところがあるでしょう。恋愛上手な人は意外と、自己中だったりするものです。

□あなたと相性の良い相手は……

 気遣いと思いやりに富んだ優しいあなたには、積極的で何事にも果敢に攻めるような、アグレッシブなタイプが好相性です。あなたの引け腰なところを上手にサポートし、反対に、仕事や人間関係で満身創痍の相手をあなたの存在が癒す、というベストなカップルになるはずです。

関連記事
最新記事