子どもが寝たあとに…毎晩5分アレするだけで夫婦円満になると判明

夫婦生活は上手くいっていますか? 近年は離婚件数が若干減少傾向にあるとはいえ、1年間で22万組近くの夫婦が離婚を選択する時代。人ごとではないですよね?

そこで今回は米国心理学会の情報を参考に、毎晩寝る前に5分だけでも試したい、夫婦生活を円満にするテクニックをご紹介したいと思います。

■毎晩5分だけでも“恋人同士”のような会話を

結婚をして子どもが生まれると、子育てで精いっぱいになってしまいますよね? 夫と交わす会話と言えば、「今週末は子どものお迎えをお願いしたい」「習い事の月謝、銀行から引き出してきてくれない?」など、家庭を回すための実務的・事務的な会話ばかり。

ですが米国心理学会によると、そうした実務的な会話ばかりを繰り返している2人の関係は、いつの間にか“夫婦”というより家庭という組織の“共同経営者”、つまりビジネス・パートナーといった感じになってしまうそう。

もしも夫婦の関係が、「新婚のころとは全然違ってきたな」という自覚があるなら、子どもが寝てからでいいので、1日5分だけでも、実務的な話題ではない話をしましょう。例えばお互いの夢や老後の過ごし方、2人が出会ったころの思い出など……。

結婚前のラブラブな2人を思い出すと、自分たちの将来について胸を高鳴らせながら熱心に語り合っていたはず。そうした夢や希望を、寝る前に数分だけ、お互いに話してみるのです。

■恋人同士時代の写真や手紙をながめてもOK

「えー、でも今さら……」と照れがある人は、新婚旅行の写真や結婚前に交わした手紙などを引っ張り出してきて、「見て、懐かしい物が出てきた」などと言って見せる手もあり。

結婚前や新婚当時のラブラブだった日々を一緒に思い出しながら、当時のように夢や希望を語り合ってみてください。

以上、夫婦生活を円満にするちょっとしたテクニックをご紹介しましたが、いかがでしたか? いつまでも強い絆で結ばれた2人でいるためにも、今夜から試してみてくださいね。

関連記事
最新記事