幸せ呼ぶ猫神の呟き ウーマン村本さんも被害に! 被害者の心と体をむしばむ悪質なストーカーから身を守るためには?

ウーマン村本さんも被害に! 被害者の心と体をむしばむ悪質なストーカーから身を守るためには?

人気お笑いコンビ「ウーマンラッシュアワー」の村本大輔さんにつきまとっていた大学生の女性が「ストーカー規制法違反容疑」で逮捕されました。

さらに、レストランチェーン『サイゼリヤ』 の店員だった20代女性が自殺した原因は、副店長によるセクハラやストーカー行為にあるとして、遺族が会社と当時の上司に損害賠償を求める訴えを起こしたことも報道されています。

芸能人や有名人に限らず、一般の人々もその恐怖にさらされる可能性のある「悪質なストーカー行為」。村本大輔さんも「4回引っ越しをした」と訴えているように、長期にわたって生活を荒らされてしまう恐れがあります。

被害に遭わないための対策には、どのようなものがあるのでしょうか?
.
◆女性の被害者が圧倒的に多い

警視庁の資料によると、平成12年にストーカー規制法が施行されて以来、ここ3年ほどは特に「認知されたストーカー事案」や「ストーカー事案による検挙」が増加傾向にあり、平成26年度は両者とも法施行以降で最多となっています。

また、ストーカー被害者の性別については、全体の約9割(89.3%・平成26年)が女性と、圧倒的に女性の被害が多いことも判明しています。
.
◆ほとんどが「顔見知り」による行為

さらに、同資料からストーカー行為の加害者について見てみると、平成26年の統計では「交際相手(元交際相手も含む)」が51.0%と半数以上となっており、「配偶者(元、内縁も含む)」の8.6%をあわせると全体の約6割を占めることになります。

さらに、「知人友人(11.4%)」や「勤務先同僚・職場関係(10.4%)」をあわせると全体の約8割となり、ストーカー行為はそのほとんどが「顔見知り」によっておこなわれていることが判明します(「面識なし」の相手からの被害は5.8%)。
.
◆ストーカー規制法とは?

ストーカー規制法(正式名称:ストーカー行為等の規制等に関する法律)では、「つきまとい等」「ストーカー行為」の2段階に分けて、被害者の安全を脅かすような行為を規制しています。

「つきまとい等」に該当するのは、「待ち伏せ・つきまとい・押しかけ」といった典型的なストーカー行為だけでなく、「面会・交際の要求」「監視していると告げる行為」「無言電話・連続した電話・ファックス・電子メール」などもあてはまります。

さらに、こうした「つきまとい等」の行為が繰り返しておこなわれた場合、「ストーカー行為」とみなされ、より厳しい規制や罰則の対象となります。

ほかにも「つきまとい等」に該当する行為には下記のようなものがあります。

・乱暴な言動(大声での罵倒、家の前でクラクションを鳴らすなど)
・著しく気分を害する物の送付(汚物、動物の死体など)
・名誉を害する
・性的羞恥心を害する

◆まずは警察に相談、あわせて自分でできる対策を

ストーカーをおこなう加害者に、警察から「警告」や「禁止命令」といった対処をしてもらうためには、まずは被害者が警察に相談に行くことが必要です(冒頭の村本さんの例でも、警察に相談→警告→逮捕、という手順を踏んでいます)。

もしも、上記のような行為の被害に遭っている場合は、最寄りの警察署に相談するか、生活の安全に関する不安や悩みについての警察相談専用電話「#9110」(プッシュ回線、携帯、PHSのみ。ダイヤル回線の場合は参考資料を参照)を利用しましょう。

また、警察に相談する際は、被害状況をできるだけ詳しくしっかりと説明し、「警察に動いてもらう」必要性を訴えることも大切です。

さらに、自分でできる対策として、集合ポスト(カギをつける)やゴミ出し(夜間は控える)など、ストーカーに狙われやすい場所に気をつけることも重要です。

また、近年では、昨年ブログでストーカー被害を告白した市川海老蔵さんのケースのように、SNSやブログで被害者の行動を知って、つきまといや待ち伏せといった行為がおこなわれる事例もあります。

そのため、こうしたサイトなどに自分の行動を書き込む際には、「誰が読んでいるのか」ということに十分に配慮することも大切といえるでしょう。

井澤佑治(いざわ・ゆうじ) 舞踏家/ダンサー。通販メーカーのコピーライターとして、健康食品などの広告を数多く手がけたのちに、ダンサーとして独立。

国内外で公演やワークショップ活動を展開しつつ、身体操作や食事療法などさまざまな心身の健康法を探究する。現在はダンスを切り口に、高齢者への体操指導、障がいや精神疾患を持つ人を対象としたセラピー、発達障害児の療育、LGBTの支援などにも携わっている。

<参考資料>
https://www.npa.go.jp/safetylife/seianki/stalker/seianki26STDV.pdf
(平成26年中のストーカー事案及び配偶者からの暴力事案等の対応状況について)

http://www.npa.go.jp/safetylife/soudan/madoguchi.htm
(警察総合相談電話番号)

http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/seian/stoka/stoka.htm
(ストーカー規制法 警視庁)

関連記事
最新記事