幸せ呼ぶ猫神の呟き もしかして、私も!?「毒親予備軍」の特徴とチェックポイント
                 


もしかして、私も!?「毒親予備軍」の特徴とチェックポイント

幸せになるために結婚をし、出産をしたのに、「子どもを不幸にする親」「毒になる親」なんて言われたら悲しいですよね。

また、「子どものために良かれと思って……」「子どもの将来を願って……」と一生懸命育てているのに「毒親」なんて言われたら嫌ですよね。

でも、愛情をかけているのに、子どもをスポイルする意識はないのに、親の怒りの感情をそのままぶつけてしまうと、子どもがダメージを受けてしまいます。

今日は『1人でできる子が育つ「テキトー母さん」のすすめ』の著者の立石美津子が「毒親」の特徴と、そのチェックポイントについてお話しします。

毒親って?

下記の本が翻訳されブームとなってから、この言葉が生まれました。

一冊は、スーザン・フォワード(2001)『毒になる親 一生苦しむ子供 (講談社+α文庫)』 、もう一冊は ダン・ニューハース(2012)『不幸にする親 人生を奪われる子供』 。

毒親とは……


子どもを自分の支配下に置き、その人生に有害な影響を与える親を指す俗語。

米国の精神医学者スーザン・フォワードによる書籍『毒になる親』から派生した造語で、同書の邦訳版が1999年に出版されて以降、広く知られるようになった。

子どもへの暴力的・性的な虐待や育児放棄だけでなく、精神的な虐待や過度な干渉も毒親の特徴とされる。毒親による歪んだ親子関係は子どもに深刻な心的外傷を与え、その影響で成人後も対人関係に問題を抱えたり、依存症に陥ったりして苦しむケースも少なくない

出典(朝日新聞出版知恵蔵(2015-4-09))

つまり、毒親とは、子どもを自分の思い通りに支配しようとする親。子どもにとって「毒になる親」をさします。

毒親にありがちな言葉

子どもの存在そのものを全否定する

「あんたなんか産まなきゃよかった」「そんな子を産んだ覚えはない」「そんな子はうちの子じゃない!出て行け」

などと言う。子どもは行き場を失います。

子どもの人格を否定する

「あなたは何をやってもダメな子」と常に言い続ける「妹に意地悪するなんて、そんな酷い子に育てた覚えはない」と言う

子どもは「自分には価値がない」と思うようになります。

恩を売る

「言うことに従わないと親子の縁を切る」「誰のおかげでご飯が食べられると思ってんの」「お母さんが毎日どんな思いであなたを育ててやってると思ってんの」「あなたがいることで、ママはしたいことを我慢してたくさんの犠牲をはらっているの」「あなたを産んだことで、ママはキャリアを捨てたのよ」

などと言う。子どもは罪悪感を感じます。

体罰

子どもが親の思い通りに行動しないと、躾の名の元に暴力を振るう。叩かれる恐怖心で親の言いなりになっているだけで、親が伝えたいことは全く伝わっていない。

また、親の行為を見て“弱い者に対しては力で言うことを聞かせればよい”と学習してしまう。小さい子や小動物を苛める子もいる。

更に「言うことを聞かないから」と理不尽に殴られて育つと、親の背丈や力を越し親に対する恐怖心を持たなくなった瞬間から、立場が逆転することもある。

子どもの成功を心から喜べない

子どもが他人から「いい子ね」「可愛いね」と褒められても手放しで喜べない。わが子が自分より幸せになることを喜べない。嫉妬心を感じる。

自分は常に子どもの上に立って支配していたい気持ちがどこかに潜んでいる。

子どもが「テストで良い点をとった」と喜んで帰って来ても「そんなことで浮かれるんじゃない!いい気になるな!」と水を差すようなことを平気で言う。

筆者が先生をしていたときのことです。保護者が迎えに来た時に「○○君、今日こんなに上手に書けましたよ」と褒めたら、「どうせ先生に手を持って書いてもらったんだろ」と子どもを突き飛ばした親がいました。その時の子どもの悲しそうな顔が忘れられません。

もしかして毒親予備軍?

ここまで読んで「世間にはそんな酷い毒親がいるんだ」と呆れた人もいるでしょう。

でも、もしかしたら、あなたも子どもを深く傷つけている言葉を言っているかもしれません。

さて、どんな人も親になった瞬間から「お父さん」「お母さん」と呼ばれます。でも、親も感情をもった一人の人間ですから、マリア様にも聖人君子にもなれません。

だから、子どもが言うことを聞かないときに酷い言葉をぶつけてしまうこともありますよね。

特に、ママにとっては自分のお腹から出てきたわが子は一心同体。更に遠慮がなく、期待もし、責任感も持っています。

ですから「自分はそんなことを言ったことはない」と言う人も、多かれ少なかれ次のような言葉を口にしてしまうこともあるのではないでしょうか。

脅す、恐怖を与える

子どもがちゃんと聞いていないとき「お耳ついているの?」ご飯を残すからと「もう明日から作ってやらないからね!」「いつまでも帰らないんだったら、○○さんの家の子どもになったら?」「お片付けしないんだったら、寝ている間に玩具捨てちゃうからね!」「そんなことする子は赤ちゃんみたい。今日からオムツつける?」

大人がオーバーに盛った一言も、子どもは字面通り受け取り恐怖を感じます。また、いずれそれが実行されないと嘘だとバレると、甘く見られます。

そこには居ない、権力のある者の力を借りる

「パパが帰ってきたら、パパからも叱ってもらうからね!」「園の連絡ノートに書いておくからね!」「お巡りさんに連れて行かれるよ」

優秀な子との比較

「お友達はちゃんと出来るのに、どうしてあなただけ出来ないの!」「お姉ちゃんが4歳の時はこんなことは出来ていた。同じ姉妹なのにどうしてあなたは出来ないの!」

親の期待通りに動かそうとして、子どものやりたいことを禁止する

「ママはあなたのためを思って言っているの、ママの言う通りにしていれば間違いないの!」「ほら、言わんこっちゃない!」子どもが進みたい道を禁止し、親が選んだことをさせる。部活や進路について子どもの意思を全く認めない。引っ込み思案な子。「皆の輪に入って遊びたくない。ママにしがみ付いていたい」と子どもは思っているのに、親は友達と一緒に遊ぶように突き放す。「あの子と遊んではダメ」と仲良くする友達を親が指定する。ママ友との不仲を理由に子どもにも同じことを強いる。

子どもが自分の意思を主張したら、親はあからさまに嫌な顔をします。その顔色を見て子どもは結局親の言いなりになってしまいます。そして、親が褒めてくれる行為だけをしようとします。

また、思春期を迎え、親の望むような人生への見通しが立たなかった場合、その怒りの矛先が親に向かうこともあります。

「だったら好きにすれば」と突き放す

子どもがいつまでも公園から帰ろうとしないとき、「だったら好きにすれば。ママは先に帰るから、バイバイ」と子どもが絶対にそれが出来ない状況なのを承知で突き放す言葉を言う。

これらは躾と言う言葉を借りながら、子どもを追い詰めている言葉かもしれませんね。

子どもへの理想的な接し方

では、どんな姿勢で子どもに接すればよいのでしょうか?

子どもに期待をするのは親の自然な感情ですが、子どもは親とは違う感情や意思を持った一人の人間です。自分の所有物と思わずに、一定の距離を保ちましょう。

更に、次のような姿勢を心がけましょう。

条件付きの愛情は止める(無条件に受け入れる)

「○○したからいい子、○○しない子は悪い子」という条件付きの愛情の言葉をかけるのを止める。

子どもが「お菓子買って~!」と床に転がってママを困らせたときも「お菓子を欲しがらない子はいい子、我儘を言うあなたは悪い子」ではなく、我儘を言うあなたも全面的に受け入れている愛情を示す。

その上で「お菓子欲しいよね。でも、今日は買わないのよ」と、それを出来ないことだけを伝える。

人格を否定せず、行動を否定する

やってしまった事柄だけを叱って、人間そのものを搔き消すような言葉をかけない。

×片付けをする子はいい子、散らかすのは悪い子

〇「遊んだ玩具を片づけなさい」「散らかしっぱなしにするのは良くないこと」と言う。

×きょうだいに意地悪する子は悪い子だからママは嫌い

〇「きょうだいに意地悪をすることは良くないこと。玩具を貸してあげよう」

これですと人格を否定していることにはなりません。

学校の先生の中には、問題行動をする子に対して「問題児」と言っていることがありますが、これも子どもの行動が問題なので「問題行動を起こす子」の言い方がよいですね。

そこに居る人だけが注意役になる

時間が経過してから、現場を見てもいない人から叱られることほど、子どもにとって理不尽なことはありません。

「パパが帰って来たら叱ってもらいますからね!」ではなく、その場にいるママだけが叱りましょう。父親には“今日、あったこと”として報告だけすればよいのです。

頭ごなしに叱らず状況分析し、子どもの言い分を聞いてやる

人の行動には必ず理由があります。たとえば兄が弟を叩いたときも、話を聞かず決めつけるのではなく「なぜ、弟を叩いたのか」言い分を聞いてやりましょう。もしかしたら、弟が兄の大事なものを奪ったからかもしれません。

そして、「叩くのではなく言葉で伝えよう」など、どうすればよかったかを教えていきましょう。

将来像

この世に生まれて初めて出会う人は親です。歪んだ愛情を与えられた場合、生涯に渡り、対人関係の築き方に負の影響を及ぼします。

「あなたには価値がない。親の言う通りしていればいい」とコントロールされて育つことで自己肯定感が育たず、常に他人の視線や評価ばかり気にするようになる。自分の意志を尊重してもらえない体験で「意志を持てない人」「意見しない人」「他人の考えにすぐ同調する人」になる。

そして、子ども時代に受けた言葉により、そこに親がいなくても、更に親が亡くなったあとも……

自分の素直な感情を表に出せない何をするのにも自信がない手放しで喜ぶことができない自分はダメ人間であるという呪縛から逃れられない自分が身内から信頼されていない経験から、恋愛関係で相手を信頼できずうまくいかない自己批判が過度である

など “インナーマザー”に支配されてしまいます。

まとめ

愛しているからこそかけている“叱咤・激励・応援”の言葉も一歩間違えれば、子どもを追い込む言葉になります。

愛するわが子を不幸にすることのないように、同じ躾けるのにも、言葉のかけ方をちょっとだけ気を付けましょうね。

関連記事
最新記事