幸せ呼ぶ猫神の呟き 生理前は要注意!生理前に「シミができやすい」原因と対処法とは?

生理前は要注意!生理前に「シミができやすい」原因と対処法とは?

生理前はシミが増える?! ホルモンバランスとシミの関係

生理前から生理中にかけて、「シミ」が濃くなったと感じることはありませんか?この時期は、ホルモンバランスの関係で、肌が敏感になり肌トラブルを起こしやすい時期です。ニキビができたり肌荒れしやすい、というのは耳にしたことがあると思いますが、実は「シミ」が出来やすい時期でもあるんです!

私たち女性の身体は、「エストロゲン(卵胞ホルモン)」と「プロゲステロン(黄体ホルモン)」という2つの女性ホルモンによってコントロールされています。月経周期の一定リズムで、この2つの女性ホルモンの分泌量が大きく変化するのですが、それに合わせて女性の身体・心の状態も大きく変化します。

■エストロゲン
生理後~排卵前にかけて多く分泌されます。妊娠に備えて子宮内膜を厚くする働きがあります。肌の潤いを保ったり、髪にツヤを与えたり、女性らしさを作ってくれるホルモンでもあり、「美肌ホルモン」と呼ばれることも。

■プロゲステロン
排卵後~生理にかけて多く分泌されます。受精卵を着床しやすくしたり、妊娠をサポートするホルモンで、妊娠を継続するには必要不可欠。食欲を増進させたり、精神が不安定になったり、お肌の調子も悪くなることがあります。「エストロゲン」が多く分泌されている時期はお肌の調子も良いことが多いですが、問題となるのが「プロゲステロン」が多く分泌される生理前。

「プロゲステロン」には、メラニンを生成する細胞である「メラノサイト」を活性化させる働きがある為、生理前はメラニンの生成が活発になるというわけなんです。また、美肌ホルモンとも呼ばれる「エストロゲン」の分泌が減ってしまう時期なので、肌が乾燥しやすく、肌の透明感を失い、くすんで見えることも、原因の一つと思われます。

どのように過ごす?生理前に「シミ」を増やさない為に出来ること

女性特有のホルモンバランスの変化は、自分でコントロールすることは出来ません。
しかし、ホルモン周期に合わせて、対策を行うことは出来ます!

◎いつも以上にUVケアを念入りに
普段よりも紫外線ダメージを受けやすい生理前は、念入りにUVケアを行いましょう。
乾燥しやすい時期でもあるので、保湿も忘れずに!

◎敏感肌用美白化粧品を使う
シミを防ぐ為に欠かせない美白ケア。肌が敏感になる生理前は「敏感肌用」に変えてみましょう。

◎新しいコスメを試さない
生理前は肌がデリケートになる時期です。合わないコスメのダメージも受けやすいので、新しいコスメを試すなら、生理後~排卵前の時期にしてください。

◎しっかり睡眠をとる
シミを防ぐ為にも、しっかり睡眠をとり、肌のターンオーバーを整えましょう。

女性ホルモンの変化によって左右される女性の身体。
デリケートな生理前は、肌への刺激を避け、UVケアをしっかり行うことで、シミを増やさない対策を行いましょう!

関連記事
最新記事