幸せ呼ぶ猫神の呟き 正しく洗って、キレイに長く着る。洗濯洗剤の基礎知識

正しく洗って、キレイに長く着る。洗濯洗剤の基礎知識

洗濯は洗濯機がやってくれるもの。確かにその通りなのですが、洗濯洗剤を正しく使わないと、ニオイやシミが残ってしまったり、ゴワゴワしてしまったりと、洗い上がりがイマイチになってしまうこともあります。今回は洗濯の基礎知識である「洗濯洗剤の正しい使い方」を紹介します。

■洗濯洗剤ってどんなものがあるの?
ドラッグストアにたくさん並ぶ洗濯洗剤。粉末に液体、ジェルボールに部屋干し用、柔軟剤入りなど、それぞれに種類や特徴が違い、どれを選んだらいいのか迷うことがあるかもしれません。

まずチェックしたいのは液性です。主に「弱アルカリ性」「中性」の二種類があります。 日常的な洗濯に使われることが多いのは、洗浄力が高い弱アルカリ性洗剤。毎日使う下着やシャツ、タオルなどを洗うのに向いています。粉末と液体があり、粉末の方がより洗浄力が高く、値段も安いですが、素材によっては傷めてしまうことがあります。泥汚れや食べこぼしなどの頑固な汚れには、最も汚れをしっかり落としてくれる粉末の弱アルカリ性洗剤おすすめです。

また、ウールやカシミヤなどを使ったおしゃれ着洗いに使えるのが中性洗剤。日常的な洗濯用のものもありますが、弱アルカリ性に比べると洗浄力は穏やか。すすぎが短時間で済み、生地を傷めにくく、色落ちもしにくいというメリットがあります。液体とジェルボールがありますが、ジェルボールは水で溶けるフィルムの中に液体洗剤が入っています。液体洗剤のメリットは使用量が少なく、水に溶けやすいため、洗剤が溶け残る心配がありません。

■柔軟剤、酵素、漂白剤などが入っているとどうなるの?
洗濯洗剤はいわゆる洗剤成分以外にその効果を高めるための成分が含まれていることがあります。洗剤を選ぶときには、表示を確認して、どんな成分が入っているのかを見てみましょう。

紫外線を吸収し、青白い光に変えるのが蛍光増白剤。これが入った洗剤を使うと、白いものをより白く見せてくれるため、真っ白なシャツなどを洗うには向いています。ただし、きなり色やパステルカラーのものを洗うと、色あせの原因になるので、洗濯する衣類を見ながら使いましょう。

洗剤だけで落としきれないシミや汚れを分解する効果があるのが漂白剤。基本的には色柄物にも使えます。漂白剤には除菌消臭の効果があるため、洗濯に繁殖しやすい雑菌を減らし、部屋干しのときに気になるニオイや洗濯槽のカビを防ぐといった効果もあります。また、漂白剤に似たような成分に酵素というものもあります。洗剤だけでは落としにくいたんぱく質や脂質、食べこぼしによる汚れを落としやすくするため、部屋干し用の洗剤とうたわれているものによく含まれています。

洗剤と別に柔軟剤を入れることも多いですが、すでに洗濯洗剤にその成分が入っているものもあります。柔軟剤には衣類を柔らかく洗いあげ、静電気を防止する効果があります。別に入れるひと手間がなくなるというメリットがありますが、香りが強いものが多く、量の調整ができないため、好みでないときにはおすすめできません。

暮らしスタイリスト・一人暮らしアドバイザー:河野真希
ウェブや雑誌など各種メディアで、料理や家事、インテリアなど、気持ちのいい暮らしを目指すライフスタイルを提案。著書に『ひとり暮らしの季節ごよみ』(祥伝社)、監修本に『家事のお手本-大人のたしなみ賢いくらし』(泉書房)『頑張らなくても素敵に暮らせる「夜だけ家事」で快適シンプル生活』(双葉社)などがある。河野真希オフィシャルサイト(http://www.kawano-maki.net/)

関連記事
最新記事