幸せ呼ぶ猫神の呟き 大腸がん、食道がん…抗菌剤の3剤併用療法で予防できるか

大腸がん、食道がん…抗菌剤の3剤併用療法で予防できるか

胃がん、子宮頚がん、肝臓がん……。細菌やウイルス感染をキッカケに発症したり重症化するがんの存在がわかってきた。そんななか、熊本大学の研究チームが世界で初めて、ある歯周病菌が大腸がんと同じように食道がんの発症・悪化に影響することを明らかにした。この歯周病菌は安倍首相が患っている潰瘍性大腸炎の原因菌の仲間で、すでに3種類の抗菌薬を使った治療法が確立されている。ならば、これを応用すれば、大腸がんや食道がんは予防できるのか?

■将来、抗菌剤でがん予防の可能性

「いまや消化器がんの発生や進行に細菌や細菌叢が関与していることは間違いありません。いまはその段階ではありませんが、この先、研究が進めば抗菌剤で一部の消化器がんを予防できる可能性が出てくるかもしれません」

 こう言うのは熊本大学大学院生命科学研究部消化器外科分野の馬場秀夫教授だ。

 すでに胃がんはピロリ菌除菌により予防できることがわかっている。ピロリ菌に詳しい都内の消化器病専門医が言う。

「ピロリ菌に感染していない人は胃がんになりにくいことが知られています。ピロリ菌はアンモニアのバリアーで強烈な胃酸から身を守りながら、胃の細胞の表面にとりついてタンパク質を装った毒素を注入。胃の細胞の増殖を制御する分子にくっついて細胞増殖を起こします」

 このような状態になると、人はアポトーシスというシステムを発動させて細胞を「自爆」させ、身を守ろうとする。その結果、胃の細胞が“間引き”されて胃酸の量が減り、結果的に胃の粘膜が萎縮してがんになりやすい状態になるという。

「ピロリ菌に感染した人が全員胃がんを発症するわけではありませんが、お酒やたばこなどの生活習慣や遺伝などの要素が加わると胃がんリスクが高まるといわれています」(前出の専門医)

■歯周病菌は消化器がんのピロリ菌に相当?

 近年は一部の大腸がんと腸内にすむ細菌の塊(叢)との関わりが報告されている。とくに注目されているのがフソバクテリウムだ。大腸がんの病巣内で繁殖し、発症への関与が指摘されている。

「この細菌は主に上部消化管や口腔内に生息し、歯周病の原因菌であることが知られています。大腸がんにとりつくとTリンパ球の浸潤を抑制して免疫を低下させ、がんが進行する状態をつくるとされています。私たちが食道がんについて調べたところ、より悪性度の高い食道がんに多く生息し、増悪などに関与していることがわかったのです」(馬場教授)

 馬場教授の研究では、がん組織内からフソバクテリウムが検出された食道がん患者は325人中74人(約23%)いて、細菌が検出された患者群はそうでない患者群に比べて、生存期間が有意に短かったという。

「その後、フソバクテリウム陽性食道がん患者の遺伝子を調べたところ、とくにケモカインと呼ばれる白血球の輸送に関するタンパク質の遺伝子量が増加していることがわかりました」

 実は、このフソバクテリウムが、潰瘍性大腸炎などの腸炎の発症や悪化に関係しているのではないかと、いち早く注目していたのが順天堂大学大学院腸内フローラ研究講座の大草敏史特任教授だ。

 かつて自己免疫疾患といわれた潰瘍性大腸炎だが、無菌状態の動物では発症しなかったり、治ってしまうことが判明。腸管の粘膜などで多く見つかるフソバクテリウムが影響していると指摘。これを除菌するため3種類の抗菌薬(「アモキシシリン」「テトラサイクリン」「メトロニダゾール」)を併用するATM療法を独自開発して成果を上げている。

「今回、大腸がんに続いて食道がんの組織から多くのフソバクテリウムが検出され、発症や悪化の原因と報告されたことで、3剤併用療法を含めた抗菌剤による治療が予防法となる可能性が出てきたと考えています」(大草教授)

 いずれ、フソバクテリウムの除菌によって、大腸がんや食道がんの発症予防や治療成績のアップにつながる可能性はある。まさにピロリ菌の除菌で胃がんを予防するがごとしである。

関連記事
最新記事