1

中村アン、西内まりやも実践! 米でブームの美ボディー筋トレ〈


“ながら筋トレ”でも十分効果はあるが、「物足りない!」という人もいるかもしれない。そんな人に薦めたいのが、筋トレに有酸素運動を組み合わせた「クロスフィット」。ここ数年ブームの、アメリカ発のトレーニングだ。日本における“伝道師”ともいえるのが、『AyaBody』(朝日新聞出版)で知られるクロスフィットトレーナーのAYAさんだ。

 AYAさんの引き締まった筋肉質の美ボディーは、同性までも釘づけにしてしまう魅力がある。実際、AYAさんの個別トレーニングは、中村アンや西内まりやなど、女優やモデルらからの指名も多いとか。

「クロスフィットは、大小問わず全身の筋肉を鍛えることができます。だから疲れなくなるし、日常生活でよく動けるようになる。動くことが楽になると、消費エネルギーもアップし、知らず知らずのうちに体が引き締まってきます」

 そこで、ながら筋トレの延長線上で取り入れられる、足腰を鍛えるための組み合わせをAYAさんに教わった。

 まずは、有酸素運動。かかとをお尻に近づける運動で、AYAさんも「シンプルながら効く」と太鼓判を押す動きだ。本来は、かかとがお尻につくぐらい足を上げ、左右交互に跳びはねると効果大だが、ひざぐらいの高さで負荷をより軽くしてもOK。お尻や太ももの裏側を引き締めるのに効果的だ。
.

 次に、筋トレ。こちらは、太ももとお尻のシェイプに効果がある。足を踏み出したときに、背中を丸めないのがコツ。立ち姿勢に戻るときにもおなかの力を抜かずに意識すると良い。

「2日に1回でもOKです。無理ない範囲でぜひ挑戦してみて」(AYAさん)

 特別な準備いらずで、短期間で足腰を鍛えるにはもってこい。応用編として取り入れてみては?

■有酸素運動(30回)
(1)左足のかかとをお尻へ
左足のかかとを上げて左のお尻に近づける。

(2)右足のかかとをお尻へ
左足を下ろして右足も同じように動かす。軽く跳びはねるようにリズミカルに、左右交互に素早く行う。

■筋トレ(10~15回)
(1)まっすぐに立つ
両足はそろえて、両手は腰に添えて、まっすぐに立つ。

(2)右足を大きく前に踏み出す
上半身はまっすぐ伸ばしたまま、右足を踏み出し、右太ももが床と平行になるまで膝を曲げ、左ひざは床につけて腰を落とす。

(3)まっすぐに立つ
右足を元の位置に戻し、(1)の姿勢に戻る。次に(2)と同様に左足を踏み出し、元の姿勢に戻る。

関連記事
最新記事