どっちの支払いがお得? クレジットカードと現金のメリット&デメリット

みなさんは、買い物をするときにクレジットカードと現金、どちらを使うことが多いでしょうか。
博報堂の調査(2017)によると、1か月あたりの使用金額の決済手段別比率は、

・現金……51.4%
・クレジットカード……21.6%
・ICカード……9.1%
・カードでのインターネット決済……8.5%
・デビットカード……1.6%

だったそうです。現金派が多いようですね。

“どちらがトクか”、については、結論から言えば、家計管理をする人の性格によっても大きく左右されるでしょう。

今回は、現金払いとクレジット払い、それぞれのメリット・デメリットを見ていきたいと思います。

●クレジットカードを利用するとポイントが貯まる

まずは、クレジットカードを使う場合のメリットについて見ていきましょう。

・ポイント・マイル等が貯まる
・カードによっては優遇特典があることも
・分割払いやボーナス払い、リボ払いなど支払方法の選択肢が多い
・保険(旅行保険等)が付帯することが多い
・海外旅行で大金を持ち歩かずに済む
・キャッシングを利用できる

クレジットカードを所有する場合、年会費がかかる場合とかからない場合があります。

「年会費がかかるのは嫌だ」と思うかもしれませんが、そのぶんおトクなサービスが多いケースも。

自分のライフスタイルにあったカードを選べば、年会費以上のポイントが貯まり、優遇特典を受けられることもあります。ポイント還元率もチェックしながら、自分に合ったカードを選びたいものです。

また、分割払いをうまく利用すれば、家計を圧迫せずに欲しいものを購入できるメリット もあるでしょう。

一方で、クレジットカードは“後払い”のため、支払う余裕がないにも関わらず、次々と買い物をし、最悪自己破産に陥ってしまう、というケースも……。また、不正利用の被害に遭うリスクもありますね。

当然ながら、買い物をすればクレジットカードでも現金と同様にお金は出ていきます。

その“出費している”という感覚がマヒしてしまいそうな人は、あまりクレジットカードを多用しないほうがいいかもしれません。

●家計管理がしやすい現金払い

次々と便利なカードや支払方法が登場していますが、いまだに根強い人気の“現金払い”。

なんといっても現金払いは“家計管理がしやすい ”というメリットがあります。必要な分だけお財布に現金を入れておけば、残額をすぐに確認することができますね。

「使い過ぎた」「まだ大丈夫」というのがすぐにわかりますし、お金がなくなれば使いたくても使えません。また、当然年会費などのコストもかかりません。

一方、現金の盗難に遭った場合、もちろん被害を届け出ると思いますが、クレジットカードのように使用を停止する、といった処置をとることはできませんね。

また、例えばインターネットショッピングでクレジットカードを使わない場合、振り込みや代引き、といった方法をとるでしょう。

その際、手数料がかかることも。ポイント等が貯まりませんし、余分な現金が出て行ってしまうこともあるかもしれません。

----------

いかがでしょうか。

クレジットカードは、自分に合ったものを選べばおトクになります。でも、家計管理が苦手な場合、お金を使いすぎてしまうリスクも……。

正解はありませんから、両方のメリットを知って、自分にとってベストな方法を探ってみてくださいね。

【参考リンク】
・博報堂金融マーケティングプロジェクト 「お金」に関する生活者意識調査 Vol.1 | 博報堂(PDF)(http://www.hakuhodo.co.jp/uploads/2017/01/20170118.pdf)

関連記事
最新記事