就活のときチークはどうするべき? 面接官にも好印象を得られる色&入れ方の工夫6選

あんなに明るかった髪色が、いつの間にかきれいな黒髪に……。こうした同級生の変化に触れると「そろそろ就活の時期か……」と、何だか時の流れに切なさを感じますよね。女子大生が髪型と同時に就活仕様へ変えなければならないのがメイクでしょう。ファンデーションやアイメイクの仕方にも就活生らしさを出すためのコツがあるようです。では今回はそのメイクテクの中でも、チークの入れ方についてどんな工夫をすべきなのか、就活経験のある社会人女子約200人から意見を集めてみました。

■就活メイクで好印象なチークの入れ方はどのようなものだと思いますか?

●就活で好印象なチークの入れ方1 うっすらピンクを入れる

・清潔感と女性らしさが出る(23歳/小売店)
・頬が色づいているほうが健康そう(26歳/その他)
・あまりピンクピンクした色だとバカっぽく見えるが、チークをしないのも身だしなみがなってないと思われそうだから(23歳/通信)
・初々しい感じを相手に与えそうだから(25歳/その他)

●就活で好印象なチークの入れ方2淡いカラーを入れる

・濃過ぎると、印象がよくなさそうなので(25歳/その他)
・明るい色だと派手になるから(26歳/ホテル・旅行・アミューズメント)
・おしゃれよりも薄めの落ち着いたメイクのほうが好印象(26歳/建設・土木)
・チークを入れすぎたらすごい濃く見える(24歳/医療・福祉)

●就活で好印象なチークの入れ方3オレンジ系を入れる

・オレンジ系のチークを塗っていると、血色がよく見えるから(27歳/学校・教育関連)
・オレンジ系のほうが元気のいい印象が与えられると思う(25歳/団体・公益法人・官公庁)
・色が濃すぎるのはよくないと思ったから(23歳/その他)
・オレンジなどを薄く入れる。自然で明るめの色がいいと思う(25歳/食品・飲料)

●就活で好印象なチークの入れ方4 コーラル系を入れる

・コーラル系なら誰にでも使いやすいし、ビジネスシーンでも使われていると思う(25歳/小売店)
・完全なピンクだとかわいらしさを押してしまって就活っぽくない気がするし、オレンジだとラフな印象になる。コーラルは大人っぽさもあり、知的な感じで肌馴染みもよいから(25歳/金融・証券)
・コーラルは落ち着いた印象を与える色だと思うから(24歳/不動産)

●就活で好印象なチークの入れ方5頬の側面に入れる

・立体的に見えるから(26歳/医療・福祉)
・立体的になるのと、顔色がよく見える(26歳/医療・福祉)
・頬骨よりも後ろ(横側)に少し入れるといい。頬骨にチークを入れてしまうと頬が浮き出てしまうから(27歳/機械・精密機器)

●就活で好印象なチークの入れ方6頬の高い位置に入れる

・若い印象を持つと思ったから(24歳/建設・土木)
・頬の高いところから目尻に向かって斜めに入れる(22歳/その他)
・自分は丸顔なので、そのようにチークを入れると顔がシャープに見えるから(25歳/団体・公益法人・官公庁)

もっとも多かったのが、うっすらピンク色のチークを入れるべきとの意見。濃すぎず薄すぎず、絶妙な色加減にするのがコツなようです。

就活のときのおすすめのチークの入れ方をご紹介しましたがいかがでしたか? ピンク、オレンジ、コーラルなどの色に関する意見から、「頬の高い位置にいれる」といった入れ方に関する意見まで、さまざまなアドバイスが寄せられた今回のアンケート。上記の意見を参考に、自分にとって最適な就活仕様のチークの入れ方をマスターしていきましょう。

関連記事
最新記事