幸せ呼ぶ猫神の呟き “ひとり身”女性記者が調査! 婚活パーティー「モテない男の共通点」

“ひとり身”女性記者が調査! 婚活パーティー「モテない男の共通点」

 春といえば出会いの季節。周りは続々と出産ラッシュの中、気づけば売れ残り街道まっしぐらの33歳、独身女の本誌記者。今年こそ、結婚だ~! というわけで、婚活パーティーでお相手探し、行ってきました!!

【1戦目】ザ・平均的! 公務員限定パーティー(参加費:男4500円、女2500円 参加人数:男10人、女17人 年齢層:男30~40歳、女28~35歳)

 まずは、会社帰りに気軽に行ける、平日夜のパーティーからチェック。公務員か~、堅実そうでアリかも!? 指定会場はというと、新宿駅近くの雑居ビル。ビル前には“婚活”看板が堂々のお出迎えで、かなり恥ずかしい。とはいえ、ここでひるんでは負け! 意を決して指定された階で降りると、すでに10人超の行列ができていた。

 女性はだいたい30~35歳くらい。20代だとパーティーに駆け込むほどでもないし、40代なら結婚自体諦める。まさに、我が年齢こそ婚活界の多数派なのね……。

 会場に入ると指定された席に着席するのだが、すでに男女が向かい合う格好で、早くも緊張! ここで、“プロフィールシートに記入してください”というアナウンスが流れ、皆、一斉に年齢や仕事、趣味などを書き込んでいく。ちなみに、初対面の男女は、このシートに書いた情報を基に会話をするため、記入内容は超重要なのだ。

 そうこうしているうちに、イベントはスタート。まずは正面の男性とトークする。「福岡ご出身なんですね~」「そうなんです、福岡で就職したんですが、転勤で東京に来まして……」

 ハイ、次の席へ~! まさかの、出身地解説で終了……。トークタイム1分30秒は予想外に短い。パーティーでは、女性が座る席に、隣の男性が次々に移動してくる回転寿司形式。公務員限定だからか、印象が普通すぎて、もはや誰も覚えられないよ……!

「字が勢いありますね(笑)」「そうかも、ですね~」 いつも通り書き殴ってしまったことを猛省するが、時すでに遅し。

 結局、この日は収穫ゼロ。まぁ初戦はこんなものか!?

【2戦目】年の差婚にトライ! ハイステータスパーティー(参加費:男7000円、女無料~2000円 参加人数:男7人、女5人 年齢層:男45~61歳、女33~45歳)

 リベンジを果たすべく2戦目にチョイスしたのは、高収入の年上男性が集まるというパーティー。だが――。

「初めまして~」 一発目のトークのお相手は……61歳! しかも、茶色のジャケットにベージュのズボン(泣)。

「日本酒が好きで酒蔵巡りをしてまして、この間は下関の奥にある……」 止まらない趣味トークにテキトーに相づちを打ち続ける。しかも加齢臭。イライラは募るが、女性は参加費無料だったから仕方ないか――。

 次に期待するも、現れたのは57歳。「美術館によく行きまして……」 それはいいが、終始ニコニコというかニヤニヤ。おそらく、恋愛マニュアル本のススメだろうが……。

 続いては、クタッとしたチェックシャツにやや薄毛の50代。会場に入った瞬間、“アレだけは無理!”とドン引きした風貌だったが、プロフィールシートを見ると「年収1400万円、趣味サーフィン」。ハイ、OKです。結局、金なのよね~。

 婚活運が上向いてきたところで、現れたのは渡辺謙似の47歳。若い!!「休みの日は皇居ランをやっていて……」 健康志向なのは悪くない。しかも年収1000万超え。

「このままじゃ結婚できないと思って、ファミリーの多い豊洲のタワーマンションに引っ越したんです」 これは、念願のタワマン妻への大チャンスか!? と、マッチング希望カードにマルをつけたら、見事にカップルに。三十路が狙うはアラフィフ市場か――。

【3戦目】女性参加費2万超! 医師&高収入パーティー(参加費:男500円、女2万500円 参加人数:男7人、女3人 年齢層:男32歳~54歳、女25~40歳)

 日曜昼開催だった2戦目。このまま帰るのももったいないということで、そのまま同日夜開催の3戦目へ。実は、このパーティーこそ、大本命の“医師&高収入パーティー”。女性参加費は2万円とかなり痛いが、玉の輿に乗れば十分黒字……と、言い聞かせ、いざ会場へ。

 1番目に現れたのは、お目当ての医師……ではなく、外資系勤務の33歳。「女性の参加費って、かなり高いんですよね? 医者いました? 結局、金なんですかね~!?」

 いや、まぁそうですけど、悪かったわね! 気を取り直して2人目。年齢は54歳と高めながら、一応、医師。

「映画が好きで『ちはやふる』とか、良かったです。今は『チア☆ダン』を観に行きたくて」……って、明らかに広瀬すず目当て!? 「ドラマも好きで、主演女優で選びますね。ガッキーの『逃げ恥』とか」

 広瀬すずも、新垣結衣も確かにかわいい。しかし、40代以上の男性が若い女優やアイドルについて、熱烈に語るとやばい。

「最近は両親と旅行に行きまして……」 もしやマザコンか!? 医師だとしても勘弁だわ~。次行くぞ、次!

「もしかして、先ほどの?」と第一声を発したのは、スーツ姿の男性。なんと、よく見ると、昼間のパーティーにいた、冴えないチェックシャツ男だ。婚活パーティーで再会するなんて気まず過ぎる……。

 とはいえ、スーツに着替えただけで、ビジュアル的には圏外から普通枠に大出世。チェックシャツの破壊力、恐るべし! 「このパーティ、スーツじゃないとダメみたいで」

 さらに、2回目とあって気を許したのか、本音を暴露しだす男。「実は昨年離婚したばかりで、すぐにでも結婚したいんですよ。私が仕事で家を出るときも、妻は布団に入ったままで、それが許せなくて……」 朝いちいち見送るくらいなら、年収300万円で寝かせてくれる夫希望です。

「前妻との子どもは成人しています。もう1回、家庭を作りたいので、子どもが産める35歳以下の方が希望なんです」 贅沢だな、おい。35歳以下でも、産めるかどうかは健康状態と運次第。男は金、女は産む機械という現実を叩きつけられる。

 結局、医師パーティーと謳っていながら、医師は54歳の男、ただ1人。しかも、参加費無料の2戦目で会った男に、2万円も出して再会するとは……トホホ。と気落ちしていると、なんと、渡辺謙似からデートのお誘い! これは、結婚も近い……かも! 婚活男子の皆様も、行けば何かが待っているハズですよ!

●“33歳独身女”目線で勝手に進言! 40歳からの「婚活パーティー心得」10か条

<一>チェックシャツ×チノパン=圏外
<二>茶系ファッションは“ジジイ認定”
<三>イクメン>>>年収1000万円
<四>“理想の嫁像”を語るべからず
<五>アイドル、若手女優の話題は鬼門
<六>自分語りをしたら試合終了!
<七>50歳の壁はエベレスト並み
<八>(相手が若くても)「35歳以下が希望で……」と、ぶっちゃけるな
<九>親との仲良しエピソードは地雷
<十>笑顔と真顔のメリハリをつける

関連記事
最新記事