タバコを止めてよかったこと 「ごはんが美味しい。空気が美味しい」「お金が貯まる」

JTが行った、2016年度の「全国たばこ喫煙者率調査」によれば、成人男性の喫煙率は29.7%。女性は9.7%。1966年には男性の83.7%が喫煙者だったとされるが、それに比べると大分減っていることがわかる。

僕はタバコをやらないが、周囲が喫煙をしているのは別に気にならない。副流煙を吸い込むと健康を害することは知っているけど、あまり気にしない。ただ、タバコに関しては最初から吸わないというのが一番だとは思う。(文:松本ミゾレ)

「1日1箱460円、1ヶ月1万5000円は浮く」

先日「ガールズちゃんねる」において「煙草やめた方、どんないいことありましたか?」と題されたトピックが立った。投稿者は現在36歳で、これまで自宅でのみ喫煙してきたが、最近禁煙をしたくなったのだそうだ。トピックには禁煙成功者と見られる人たちの書き込みがいくつも寄せられている。早速いくつか紹介してみたい。

「抜け毛が劇的に減った」
「ごはんが美味しい。空気が美味しい」
「お金貯まる! 指も服も臭くない! お肌荒れない! 生理痛ない! 吸う時間を他に使える!」
「タバコを吸えるかどうかを基準に飲食店を選んでたけど、どのお店も気にせず入れるようになった。ランチは特に思う!」
「1日1箱460円、1ヶ月1万5000円は浮く」

よく言われる禁煙のメリットとして挙がる、節約だとか、飯が美味くなったなどの声もしっかりと見ることができた。僕は女性目線での禁煙メリットには疎かったが、言われてみれば服や髪がタバコ臭さから解放されるというのは、大きな利点だ。

ヘビースモーカーでもフサフサの人はいるけど……

中には抜け毛が減ったとする声もある。昔から言われてることだけど、タバコに含有されるニコチンは「百害あって一利なし」だ。僕は学生時代に、タバコの煙を吸わされたウサギの耳の血管が収縮する実験映像を見せられたことがある。血行が滞ってしまえば、頭皮にだって悪影響がある。抜け毛が増えてしまうのも、しょうがない話だ。

……ただ、これも個人差が大きいものだと感じる。うちにはタバコと酒のせいでボロボロになった死んだ祖父がいたが、フッサフサだった。逆にタバコ一切やらないのにものすごいハゲてるおっさんもいるし。

それに、知人の愛煙家は、あるとき家族のために一念発起して禁煙を断行したが、ストレスで円形脱毛症になってしまった。タバコはたしかに体に悪いが、それでも嗜好品。無理にやめようとしても、ストレスがかかってしまう。特にヘビースモーカーほど、その傾向は顕著になる。行くも地獄、戻るも地獄。どっちみち毛髪が減るというのは、なかなかの状況だ。

現在喫煙者だけど、そろそろやめたいと思っている方がいるのであれば、禁煙にチャレンジしてみるのもいいだろう。失敗したら失敗したで、また開き直って吸えばいい。少なくとも禁煙している間はタバコ代もかからず、ちょっとだけお金が減るのが遅いんだから、それだけでも素晴らしいことだ。

関連記事
最新記事