運動不足な人に!話題の「肩甲骨はがし」をやってみよう♡

肩こりやダイエット、姿勢矯正にも効果があるとして「肩甲骨はがし」が話題になっています。名前だけ聞くとギョっとしてしまいますが、実際に行ってみると肩甲骨まわりがスッキリと軽くなりとっても気持ちいいんです!そこで今回は、肩甲骨はがしがもたらす嬉しい効果とそのやり方をご紹介していきたいと思います。

肩甲骨はがしとは?

肩甲骨はがしとは、その肩甲骨まわりを効率よく動かすことによってその周辺にある筋肉をほぐすストレッチのことです。肩甲骨は背中側にある三角形の骨のことをいい、腕と肩を繋げる役目があります。首、肩、胸、脇、腕、腰に広がる筋肉によって支えられ、それぞれの方向に引っ張られながら自由に動いています。

デスクワークが続いたりスマホを見る時間が長かったりするとどうしても姿勢がわるくなってしまいがち。そうなると肩甲骨まわりの筋肉が凝り固まり、血行不良や肩こりの原因になってしまいます。

肩甲骨はがしをすると嬉しい効果がたくさん♡

・肩や背中のコリの解消
・ダイエット効果
・バストアップ
・顔のたるみ解消

などなど嬉しい効果がたくさんあるんです。肩や背中のコリの解消に期待できることはもちろん、脂肪を燃やす働きを持つ細胞「褐色脂肪細胞」が集まっている場所でもあるので、肩甲骨はがしで褐色脂肪細胞を刺激し活性化させることによってダイエット効果も期待できます。

また、肩甲骨まわりの筋肉をほぐれることで姿勢が矯正され、バストアップや顔のたるみにも効果を発揮してくれますよ。肩甲骨が動くようになるとカラダが変わります!

肩甲骨はがしをやってみよう!

◎オフィスでも簡単にできる肩甲骨はがし

1.腰骨と肩、耳の穴が一直線になるよう姿勢を正す
2.お尻の上部あたりにある仙骨と肩甲骨、後頭部を壁にくっつける
3.腕をかるく曲げ、息を吸いながら壁に腕を沿わして、ゆっくりと頭の上まで上げていく
4.頭の上まで上げきったら、息を吐きながらもとに戻していく

この動作のなかで肩や背中に痛みを感じる場合は、肩甲骨まわりの筋肉が凝り固まっている可能性大です!セルフチェックにもなるので一度試してみてください。

◎ぐるぐるストレッチ

1.両腕を曲げて手を軽く握り、鎖骨に親指を向ける
2.そのまま背泳ぎをするイメージで呼吸をとめず腕をぐるぐると10回まわす
3.逆回りも同様におこなっていく

※ひじは肩よりも上げるように意識して!

◎手のひらひらひらストレッチ

1.背筋を伸ばして片腕を真っすぐ斜め後ろに引く
2.そのままの状態で手のひらをゆっくり裏表にひらひらと回転させる

※腕の高さや角度は自分に合った場所を探すとOK!

いかがでしたでしょうか?

意識して肩甲骨を動かすことで筋肉がほぐれ、様々なカラダの不調を改善することができます。日常のすきま時間にぜひ肩甲骨はがしを取り入れてみてくださいね。

関連記事
最新記事