「今夜は●●…」彼氏が彼女から絶対聞きたくないフレーズ3つ

女は口が達者なので、つい思ったことをポンポンと言ってしまいがち……。彼の繊細な気持ちを傷つけてギクシャクした関係にならないためにも、海外情報サイト『all women stalk』に掲載された記事を参照に、“彼氏が彼女から聞きたくないフレーズ3つ”を紹介することにします!

1:嫉妬してるでしょ!

彼氏の様子を見て「お~! これは嫉妬してるな」と思っても、「嫉妬してるでしょ!」なんて絶対に言ってはいけません。

まず、基本的に男はエゴとプライドの塊なので、「そうだよ」なんて認める確率はゼロだし、図星だったら痛いところをつかれて、機嫌が悪くなってしまう可能性も考えられます。

それに、本当に嫉妬していなかったら気分を害した勢いで、「お前が思ってるほど、俺はそんなに惚れてないから」なんてキツい一言を返されたりしたら最悪ですよね。

もし、どうしても「嫉妬してるでしょ」と言ってみたいのなら、明らかに彼がジェラってない時に、冗談半分でからかうように言うのが無難です。

2:今夜はソノ気になれない……

彼がヤル気満々でお誘いをかけたのに、あなたにツレなく「今日は疲れてるから」とか「今夜はソノ気になれないの」なんて断られたら、理解はしてくれても気分はドド~ンと凹んでしまいます。

男はエッチを断られると口には出しませんが、エゴとプライドがズダズダになってしまうのです。

これが初エッチがまだの段階なら、「時間をかけたい」と伝えておけば問題ありませんが、すでに何度も体の関係がある相手だと、ウジウジと落ち込んでしまうのです。

生理だったり本当に疲れていてソノ気になれなかったりしたら、優しく断りつつもキスやハグでたしなめて、次の機会にあなたから誘ってあげましょう。

男はエッチを断られると、また拒否られるのが怖くて誘いにくくなってしまうので、1回あなたがNOと言ったのなら、次はあなたから仕掛けるというパターンにしてみてください。

そうすれば、彼もエゴやプライドを傷つけることなく、あなたが自分に魅力を感じていないからセックスを断っているのだと勘違いせずに済みます。

3:私ってブスだし……

特に日本人は、「謙虚であることが美徳」とされる文化があるので、つい「私ってブスだし太ってるし」なんて、自分を卑下するようなことを言ってしまうことがあります。

ですが、あなたを好きになって付き合っている彼氏にしたら、自分で選んだ女性が「デブでブスでバカだし」なんてことを言い出したら、自分の選択眼がマズかったと言われているように感じてしまうのです。

そうすると、あなたが自分で言うように、だんだんと彼にとってあなたが「デブでブスでバカな女」に見えてきてしまうという、トンでもない現象を招くことに!

自分を卑下する言葉で、彼をネガティブな暗示にかけたら勿体ないですよね。

かといって、自分で思ってもいないのに「私って美人で頭もいいし」なんて言う必要もありません。

いつも自然体で、自分自身に満足しているように振る舞っていたら、そんな自信に溢れたあなたに、彼はいつまでも魅力を感じ続けてくれるでしょう。

いかがでしたか!?

彼へのダメ出しだけでなく、自分へのネガティブワードも厳禁だなんて驚きですね。

ぜひ参考にして、“彼氏が聞きたくないフレーズ”を口にして、嫌われないように気を付けてくださいね!

関連記事
最新記事