あなたは…あげまんorさげまん!? 7つの質問で「いい嫁度」診断

世間では「あげまん」「さげまん」という言葉があるように、夫が成功するのは妻の支えがあってこそ。できる嫁に自分はなれているのか、将来なれる要素があるのか……。7つの質問に答えて診断してみましょう。

これから自分のどういうところを直していけばよいか、道筋が見えてきますよ。

■1:料理好きorきらい?

夫の成功は、健康な体があってこそできること。冷凍食品や市販の惣菜に頼り切った食事ばかりでは、家族の健康は守れません。料理の上手・下手は別にして、料理を作ろうという姿勢が大切です。

■2:ずばりキレイ好き?

部屋がキレイに整っていると、人の心理として心が落ち着き穏やかでいられるものです。家事が得意な必要はありませんが、キレイな部屋が好きという人の方が、やはりいい嫁度は高いでしょう。

■3:聞き上手orそれとも話し上手?

夫が悩みやストレスを抱えていたら、それをうまく聞いてあげることがパートナーの役目。聞き上手なら、そこで夫のストレスも発散され、明日以降の活力につながっていくでしょう。

■4:家計簿をつけるのが苦じゃない

夫が成功したとしても、妻が散財していたら意味がありません。たとえ家庭の収入に増減があったとしても、それを臨機応変に乗り越えていく能力がよい妻には求められます。

■5:ポジティブ志向orネガティブ志向?

何か物事が起きたときに、それをネガティブに捉えていては幸運はやってきません。いつでもポジティブシンキングでいることが、結果として夫を精神的に支えることにつながるでしょう。

■6:「ありがとう」が素直に言える

夫も妻も、互いに「ありがとう」と言われるとやはり気持ちがよいもの。小さなことでも感謝の言葉を素直に言えるのなら、妻としてだけでなく女性としても魅力にあふれます。

■7:女を忘れていない

結婚して時間が経てば経つほど、子どもができればなおさら、だんだんと女性としての身だしなみが薄れていくもの。男性は見栄っ張りなところがあるものなので、いつまでもキレイにしておくことは、妻として忘れてはいけないことでしょう。

いかがでしたか? 料理上手でキレイ好き、ポジティブ且つ素直で聞き上手……そんな嫁なら、周りからも「あげまん」と呼ばれることでしょう。あなたの見直すべきポイントを発見できましたか?

関連記事
最新記事