1

10年後のがん発症確率。予測はどこまで可能か

10年後のがん発症確率はどこまで予測できるのか
「10年後のがん確率」どうやって算出?

東京海上日動火災保険が、がんなどの10年後の発症確率を予測するサービスを、7月からネット上で始める方針を明らかにしました。この予測サービスは、年齢、身長、体重、飲酒量、喫煙や運動の有無など、約20項目を入力すれば、がんなどになる確率が算出されるとのこと。予測には、国立がん研究センターの研究成果を活用するということで、同センターも以前から、同様のサービスをHP上で提供しています。

では、「10年後の病気発症確率」がわかる研究とは、どのようなものでしょうか。 実は、国立がん研究センター、国立循環器病研究センター、大学などが共同で「多目的コホート研究」という大規模な研究を行っています。
.
「病気発症の予測」どれくらい信頼できる?

がん・心筋梗塞・脳卒中などの発症には、食事・運動・喫煙・飲酒などの生活習慣が深く関わっています。そこで、どのような生活習慣が、どんな疾病の発症に関連しているのかを明らかにするために、日本人約10万人の方々を対象に、10年以上の長期にわたって追跡調査しているのが「多目的コホート研究」です。今回の「10年後の発症確率」予測サービスは、その結果という確かな統計結果に基づくものですから、信頼度はかなり高いと考えていいでしょう。
.
遺伝子検査でわかる将来の病気の可能性

ハリウッド女優のアンジェリーナ・ジョリーさんが、遺伝子検査を受けたところ、将来、乳がんになる可能性が90%近くと診断され、2013年、両乳房および卵巣と卵管の「予防的乳房切除術」に踏み切りました。遺伝子検査は、特定の染色体や遺伝子について、何らかの変異が起こっていないかを確かめる検査です。乳がんの5~10%は遺伝性で、非常に遺伝性が高い疾患。この遺伝性乳がんのように、遺伝子検査の検査結果が診断や治療方針に影響を与える疾患もあります。
.
ネット申し込み「個人向け遺伝子検査」はなぜ安い?

ヒトの遺伝情報は、13年の歳月と30億ドル(約3300億円)以上を費やされ、2003年に全ゲノム解読が完了しました。しかし現在では、DNAの塩基配列を高速で読み取る装置「次世代シークエンサー」の登場で100万分の1にまでコストダウンし、解析時間も短縮しています。こうしたことを受けて、現在日本では様々な民間企業が遺伝子検査を行うようになりました。ネットなどで数千円~数万円の検査キットを購入し、唾液や口腔内の粘膜を検査会社に送るものが多くなっています。

関連記事
最新記事