結局どっちがいいの?朝はお湯洗顔のみVSしっかり洗顔

朝起きたときに行う洗顔。「お湯だけ」という人もいれば、「洗顔料を使う」という人まで、実に様々。結局どちらがいいのでしょうか。

答えは「どっちでもいい!」

朝洗顔に関する疑問の答えは、実は「どっちでもいい」。

その日の肌のコンディションによって、洗顔料を使うか使わないかを判断するべきです。

共通していることは、夜中に肌は汚れていること。

寝る前に付けた化粧品の油分が酸化したり、寝ている間に皮脂や汗が分泌されたりしています。

これらは肌のバリア機能や保水力を低下させたり、キメが乱れたりするなどの、悪影響を及ぼします。

寝具からは、ダニやホコリなどの影響も受けます。そのため、朝は洗顔をした方がいいです。

一般的には、乾燥肌や敏感肌の人はぬるま湯だけ、オイリー肌や混合肌の人は洗顔料を使った方がいいです。

今度は肌別に洗顔方法を見てみましょう。

肌別の洗顔方法

乾燥肌や敏感肌の人はぬるま湯のみで顔を洗いましょう。

お肌に必要な水分やバリア機能を残すことができます。水温は熱すぎず、冷たすぎず、人肌程度の温度がちょうどいいです。

ぬるま湯はいらなくなった角質を柔らかくして、浮かせる効果があるので、十分汚れを落とせます。

顔を洗ったら、すぐに化粧水や乳液で、肌を保護しましょう。

時間のない人はフェイスマスクもおすすめです。

オイリー肌・混合肌の人は、洗顔料を使います。

ただ夜ほどは汚れておらず、肌表面の汚れを落とすのが目的なので、合成界面活性剤由来のものより、石鹸成分のものを使用した方が、肌に優しいです。

肌のうるおいを落とさずに、優しく洗顔をしましょう。

またニキビといった肌トラブルのある人は、洗顔フォームできちんと洗いましょう。

どの肌の人でも、洗顔方法は同じです。

まず手を綺麗に洗います。

洗顔料を使う人は、よく泡立てます。

その後、Tゾーンのような皮脂分泌の多いところから泡を乗せて、優しく洗います。

目元は泡を乗せるだけで大丈夫です。

ぬるま湯のみの人は、顔をこすらないように注意しながら、洗いましょう。

しっかりとすすいだら、タオルで優しく水気を拭き取ります。

洗顔後はすぐに化粧水などで肌にうるおいを与えます。

顔がむくんでいたり、顔色が悪い場合は、洗顔後に1分間だけ炭酸パックを行うと、血流が良くなり、顔色も良くなりますよ。

おすすめの洗顔料は?

過剰な皮脂や汚れを落とすだけなので、優しく洗い上げてくれる洗顔料がおすすめです。

そのため、成分がシンプルなものを選びましょう。

また朝は忙しい人も多いはず。簡単に泡立つものや、初めから泡の状態で出てくるポンプタイプのものが良いです。

ニキビや毛穴が気になる人は、部分使いもおすすめです。

特に鼻やフェイスライン、Tゾーンはぬるま湯だけでは落ち切れないこともあります。

それらを踏まえて、朝洗顔に向いているのは純石鹸。

ポンプタイプがある商品もあります。

何より、石鹸そのものが天然の界面活性剤なので、安心して使うことができます。

ただ、洗顔後につっぱり感が気になる場合もあります。

このような場合は、保湿成分が配合された石鹸を使いましょう。また保存にも注意しましょう。

洗顔フォームは様々な成分が含まれているため、成分をよく確認しましょう。

使いやすく、保存が楽、そして美容成分が含まれていることが多いです。

コスパが良いものもあるので、自分にあった洗顔フォームを見つけることができます。

人気のクレイやスクラブは避け、優しく洗い上げてくれるものを選びましょう。

いかがでしたでしょうか。

朝の洗顔で肌のコンディションは大きく変わります。

自分のお肌と相談して、最適な洗顔方法を選びましょう。

関連記事
最新記事