幸せ呼ぶ猫神の呟き ダイエット効果だけじゃない!お肉を食べると美しくハッピーになれる理由とは?

ダイエット効果だけじゃない!お肉を食べると美しくハッピーになれる理由とは?

最近、ちょっとしたことでイライラしたり、くよくよすることってありませんか? そんな気分の浮き沈みを解消したい! 自分を元気にしたい! というときに食べたいのが、やっぱりお肉なのです。今回はそんな人を元気に幸せにしてくれるお肉の「セロトニン」についてご紹介します。

■お肉を食べると「幸せな気分」になれるワケ

お肉のタンパク質は脂肪になりにくく筋肉になりやすいもの。ですから、お肉を食べると筋肉量が増えて基礎代謝が上がり、脂肪が燃焼しやすい痩せ体質に変わります。また、脂肪燃焼効果を高める「Lカルニチン」も豊富なので、ダイエットにピッタリの食材なのです。でもお肉のパワーはそれだけではなく、女性を美しくハッピーにもしてくれます。そのひとつが「セロトニン」という幸せホルモンです。

突然ですが、焼肉店で、怒りながらお肉を焼いたり、食べている人っていませんよね。みなさん、美味しいお肉をたくさん食べてハッピーな顔をしています。実は、お肉を食べて「お腹いっぱい、幸せ~♡」と感じるのも、お肉に含まれる物質が関係しているのです。

気分や感情をコントロールするのに欠かせない神経伝達物質「セロトニン」は、嬉しい時や楽しい時に増えて気分をリラックスさせたり体を元気にさせたりします。不足すると、不安に感じたりイライラしたり、不眠を招くこともあるのだそうですよ。

■「トリプトファン」は牛肉や豚肉に豊富!

「セロトニン」はお肉や牛乳、チーズなどのタンパク質に含まれる「トリプトファン」という物質から作られます。そのため、お肉を食べて「トリプトファン」を摂取することで「セロトニン」が作られるのです。「トリプトファン」は体内で作ることができないため、肉などの食べ物からこまめに摂る必要があります。

「トリプトファン」が特に多く含まれるのは、牛肉や豚肉。ですから、落ち込むことがあったら、焼肉店やステーキ店で思いっきりお肉を食べてみてください。そして、ジュージュー焼いて口いっぱいに広がる旨みに舌鼓を打つ幸せにひたってください。きっとお腹もココロも満たしてくれて、「イライラ・くよくよ・うつうつ脳」から「ハッピー元気脳」に変えてくれるはず。お肉を食べて、体もココロもごきげんな気分になりましょう!

(肉ダイエットインストラクター・長谷川 香枝)

関連記事
最新記事