メンタルもお金も……就活中想像以上にキツいと感じたこと8選

就活に対しては、最初から「つらそう」というイメージがある人も多いかもしれませんが、実際に就活をしてみると、そんな想像よりももっと大変だったということもあります。そこで今回、就活中のはさまざまなハードルを乗り越えてきた社会人の先輩に、就活で想像以上に苦労したことについて聞きました。

■就活で「想像以上にキツかった」ことは何ですか?

●面接会場の移動

・足が棒になった(男性/37歳/学校・教育関連)
・時間もお金もかかった(女性/28歳/情報・IT)
・思ったより移動時間・移動費用がかかった(男性/27歳/商社・卸)
・普段ヒールで長時間歩くことがなかったので、足の親指を内出血してしまった(女性/25歳/小売店)

●面接で失敗

・失敗した(男性/33歳/機械・精密機器)
・面接がきつかった(男性/18歳/機械・精密機器)
・面接で何度も失敗してしまった(男性/32歳/その他)
・受け答えがうまくできなかったから(男性/34歳/機械・精密機器)

●なかなか採用されない

・どうして落ちるのかよくわからない(女性/30歳/その他)
・内定を取ることが簡単ではないと痛感した(男性/38歳/金融・証券)
・なかなか内定が取れなくなると、このまま内定がとれないという不安が先行するから(男性/34歳/運輸・倉庫)
・正解がなく、答えがない中で臨まなければならなかったから(男性/27歳/運輸・倉庫)

●交通費

・面接の実施場所が遠く、1日1000円以上かかってしまうから(女性/23歳/人材派遣・人材紹介)
・結構かかったから(女性/23歳/金属・鉄鋼・化学)
・出費が多かったから(女性/28歳/その他)
・地方から何度も上京していたから(男性/25歳/団体・公益法人・官公庁)

●その他

・1日に何社もまわること。体力的にきつかった(男性/38歳/小売店)
・ESで落とされること。面接はおろかSPIも受けさせてもらえないという気持ちになるから(男性/27歳/小売店)
・ESを何度も推敲すること。文章を書くのが下手くそなので、苦労した(男性/26歳/団体・公益法人・官公庁)
・意外と質問が厳しかった。答えづらい質問があったから(男性/30歳/医療・福祉)

移動時間や移動にかかる交通費で苦労したという意見がとても多かったです。「足が棒のよう」という表現もあり、長距離を歩き回るというのが想像以上に大変だったことがよくわかります。移動に関する苦労を上げる人が多くいましたが、その他にも面接で失敗してしまった、ESで落とされてしまう、なかなか採用されないなど、就活そのものに関する苦労を上げる人も少なくありませんでした。やはり就活は苦労がつきものなのかもしれませんね。

関連記事
最新記事