高学歴・高収入家庭と「子どもの健康食品」の関係

体がダルい。どうにも頭が重い。でもはっきりと名前が付く病気というわけではないから、病院には足が向かない。そもそも、平日の昼間に仕事を抜け出す余裕なんかあるわけない。これが、過剰労働社会ニッポンの「現実」だ。AERA 2017年4月24日号では「ダル重」を大特集。あまたある健康ビジネスに踊らされることなく、このダル重を解消するには、どうしたらいいのだろうか。

 近年、効率的に栄養が取れる健康食品やサプリメントを、子どもに与える親が増えている。しかし、国立健康・栄養研究所の食品保健機能研究部部の梅垣敬三部長は、この現状に警鐘を鳴らしている。

*  *  *
 3歳になる娘の皿の上には、今日も食べ残し……。神奈川県在住の自営業男性(41)の長女は、好き嫌いが多いうえに食が細く、食事に手を付けないこともある。男性はそんな娘の栄養状態が気がかりだ。最近はおやつでビタミンやカルシウム入りのスナックも与え始めた。ただ今は身体ができる大事な時期。効率的に栄養が取れるようサプリメントを与えたほうが良いのでは、と時折妻と話すという。だがこうも思っている。

「子どものうちから与え始めると、大人よりも長期間サプリと付き合うことになる。後々で何か悪い影響が出るんじゃないか……」

 この男性と同じように、子どもの偏食に悩み、健康食品やサプリを与えようと考える親は少なくない。

●「サプリ与えた」が1割

 こんなデータもある。マーケティング調査会社のインテージによると、2016年度の1人あたりの健康食品・サプリメントの平均購入金額は約2万7千円。購入理由は67%が「本人利用のため」だが、5%の人が「子どもに与えるため」。国立健康・栄養研究所が16年に行った調査でも、約10%の家庭で子どもに錠剤やカプセル状のサプリを与えた経験があると回答。特に、高学歴・高収入の家庭に多い傾向があったという。

「情報収集にも熱心だし、読み解く能力も高い。ただ、ネットなど世に出回る『健康情報』には誤ったものも多く、注意が必要です」

こう警鐘を鳴らすのは同研究所の食品保健機能研究部部長の梅垣敬三さんだ。

 厚生労働省は「日本人の食事摂取基準」として1日に必要な栄養素の目安を示しているが、取りすぎると体調不良などの健康被害が出る「耐容上限量」も併せて定めている。

 梅垣さんによると、栄養素入りのおやつを補完的に与える程度なら、上限を超えることはほぼない。ただ、錠剤のサプリの場合、成分が濃縮されており、子どもにとっては過剰摂取となる危険性がある。ビタミンなどは健康体であれば、過剰摂取しても尿から排出されるが、腎機能が低下している場合は体に負担となる。子どもは身体が未発達のため、摂取したものによる影響も出やすい。アレルギーなど体質も十分に分かっていない状態で、「身体にいいから」と与えるのはリスクが高いのだ。

「苦手な物を食べないからといって、サプリで補うことが習慣づけられると、その後も苦手な食べ物を克服できずにかえって偏食を助長することもある」

●摂取量にある「誤解」

 さらに、梅垣さんは、1日の栄養摂取量についてのある「誤解」が、サプリを与える動機につながっていると指摘する。

「毎日必ず栄養の目安の量を摂取しないといけないと誤解する方がいるのですが、これは『習慣的』な摂取量。日によってでこぼこがあっていいんです。真面目な人ほど『完璧な献立を』と考えがちですが、毎日続けるのは難しいですから」

 その日の食事で特定の栄養素が足りなければ、後日与えれば問題ない。栄養の種類によっても異なるが、おおむね1カ月程度で平均を考えればよいのだ。

 健康な成人には「健康に良いもの」でも、子どもにとっては、時期や与え方、量によっては毒と化してしまうものもある。

 先月30日、生後6カ月の男児が、蜂蜜を混ぜた離乳食を与えられ「乳児ボツリヌス症」で死亡するという痛ましい事故も起きた。すべての人に安全で健康に良い食べ物など存在しない。

 誰が、何を、どう食べるのか。情報に流されず、いま一度見直してみては。

関連記事
最新記事