鼻パックはしないで…毛穴汚れは「乳液ピーリング」で優しく解消!

多くの女性が悩んでいる“小鼻の毛穴”。対策として、剥がすタイプの鼻パックを使用している方も多いのではないでしょうか? しかしこの方法は、肌の状態や使い方によっては、肌を傷つけてしまうこともあります。

今回は、美容ライターの筆者が小鼻の毛穴対策にオススメな肌に優しい“乳液ピーリング”のやり方をご紹介します。

乳液ピーリングとは?

乳液は油分を含んでいるため、肌を柔らかくしてくれる働きがあります。乳液ピーリングとは、この働きを利用して、肌に蓄積した古い角質を優しく取り除くピーリング方法なのです。

もちろん、小鼻以外にも使用できますので、顔全体のくすみが気になる場合は、顔全体に使用してみましょう。

古い角質が溜まっている肌は、ターンオーバーが遅れてしまい、毛穴の詰まりや顔全体のくすみが気になってしまいます。

早速、乳液ピーリングのやり方をご紹介します。

用意するもの

・乳液

・蒸しタオル

・いつも使用しているスキンケアアイテム(乳液ピーリング後に使用)

乳液ピーリングのやり方

(1)洗顔をしてしっかり肌の水分を拭き取り清潔にする

(2)小鼻に乳液を適量(肌摩擦を起こさない程度の量)つける

(3)小鼻にフィットしやすい中指の腹を使用して、クルクルと円を描くようなイメージで、優しくマッサージする(古い角質を浮かせるのが目的です)

(4)鼻全体を蒸しタオルで3分間覆う(途中、タオルが冷めてしまったら蒸しタオルの面を変えるなどして温かさをキープさせましょう。これにより、さらに角質を軟化させることができるのです)

(5)しっかり蒸したら、タオルでスッと優しく拭き取る(これで乳液と一緒に、肌表面に溜まっている古い角質も一緒に除去することができます)

(6)保湿ケアをしっかり行う(ピーリング直後の肌は、とても敏感です。外的刺激から肌を守るためにも、入念に行いましょう)

小鼻だけでなく顔全体にも使用することで、透明感のある肌になります。また、通常のピーリングより肌に優しいので、敏感肌の方にも取り入れやすい角質ケアですよ。

小鼻がザラザラ気になってきたら鼻パックではなく、肌に優しい乳液ピーリングを試してみてください。週に一度のスペシャルケアとして続けていれば、理想のツルンとキレイな小鼻になれるかもしれませんよ。

関連記事
最新記事