いくら貯めても不安!? “貯金地獄”にハマりやすい女性の特徴と解決策

「貯金地獄」という言葉を耳にしたことがありますか? よく言う「借金地獄」ではありません。貯金の地獄です。「お金はあればあるほどいいじゃない。どうして貯金が地獄につながるの?」一般的な感覚を持っている人なら疑問に思って当然です。

けれど今、いくら貯金しても不安でたまらず、貯め込むことをやめられない独身女性が増えているのです。 彼女らがハマっているのは、抜け出せない「貯金地獄」。とても苦しいもののようです。今回は、貯金地獄でもがいている当事者の女性たちにお話をうかがってきました。そこで語られたエピソードをもとに、「貯金地獄女子」の特徴なども分析していきましょう。

●貯金地獄女子たちを襲う、老後の不安

まずはこちらの女性。20代であるにもかかわらず、約1,000万円もの貯金を持っている会社員です。この年齢としては十分すぎるほどの額であるはずですが、強い不安感から貯金をやめることができないと漏らします。『雑誌やネットニュースなどで、「老後には最低○○円必要」とか、「下流老人が増加中」とか見ると、苦しくてたまらなくなってしまう。このまま自分はどうなってしまうのか、食い詰めて野垂れ死んでしまうんじゃないか って、老後がとにかく不安なんです。これはもう、物心ついたころからずっとそう。

最近では、手持ちの貯金を運用した方がいいのか、そんなリスクは犯すべきではないのか、ってことで頭がいっぱいです』(28歳女性/会社員/貯金額950万円)将来のあらゆる可能性を考え、不安に陥っているという独身女性はこんな話をしてくれました。

『もし結婚して子どもができても、その子が病気を抱えて生まれてきたら? 夫が病気やケガで働けなくなったら? 子どもが音大や美大、大学院に行きたいと言い出したら? そしてもし、私のようにいつまでも独身で、援助を求め続けてきたら? 考え出すと頭がグルグルしてしまって、結局は貯金し続けることくらいしか解決方法がみつからない』(35歳女性/技術職/貯金額1,500万円)

貯金地獄にハマっているのは、“おひとりさま”の女性たちだけではありません。
婚約中の彼氏がいるという女性からは、悲鳴にも似たこんな発言が。
『彼は会社の上司で、かなり稼いでいます。結婚後は仕事をやめて、専業主婦になってもいいよと言ってくれもします。何の心配もいらないって、頭では分かってるんです。

でも、どうしても不安で、心の底から信用することができない 。結局残業して、ボロボロになるまで働いちゃうんです。お金は貯まっていきますが、この不安に終わりはないのかと思うとすごくシンドイです』(33歳女性/会社員/貯金額1,200万円)なるほど、ここまでくると確かに“地獄”の様相です。やめたいのにやめられない、いつまでも追い詰められている感じは本当につらそうですね。

●貯金地獄にハマりがちな女子の共通点

インタビューをしていくと、「貯金地獄女子」たちの共通点に気づくことができました。

●将来への漠然とした強い不安がある

彼女らは揃って、将来への強い不安を口にしていました。しかし、しっかりした将来設計や明確な貯金の目的があるか、目標額や必要額を正しく理解しているかといわれたら、決してそうではなさそうです。冒頭の28歳女性はまさにその典型。目にするニュースや情報をすべて真に受けているだけで、現実問題としていくら必要なのか個人的な試算は一度もしたことがない と述べていました。

貯金女子たちの不安は、無根拠で漠然としたもの。だからこそ、得体の知れない敵と永遠に戦っているかのように貯金をし続けてしまうのでしょう。

●他人を信用できないかたくなさがある

仮に稼ぎのいい男性と結婚できても、彼女らの苦悩は続きます。もし夫が働けなくなったら、もし先立たれたら……そんなことを考えると、みすみす夫の収入だけに頼ることができないのです。最後に信じられるものは自分とお金だけ。そんな思いも、どこかにあるのかもしれません。そのような日々は、とてもつらいものです。

●地獄を脱するためには、客観的な分析が必要

もともとは不自由の少ない、楽しい老後を過ごすためにしているはずの貯金です。貯め込むことに注力しすぎて、不安な気持ちに陥ってしまうのは本末転倒ともいえます。彼女らが貯金地獄から脱するためには、一体どうしたらいいのでしょうか。何よりも必要なのは、客観的な分析 です。

自分の思い描く老後を迎えるためには、実際にいくら必要になるのか。専門知識のあるファイナンシャルプランナーなどに試算を依頼するといいでしょう。身近にファイナンシャルプランナーがいなくても大丈夫。日本FP協会のホームページから、自分の条件にあった人を探すことができます。無料相談会も実施されているので、一度足を運んでもいいですね。正確に試算をし、目標額が設定されれば、漠然とした不安はなくなります。あとはその額を目指して、相応の努力をしていけばいいのです。

いかがでしたか?

貯金地獄はジワジワと心身を蝕み、弱らせる厄介なものです。陥りそうな心当たりのある人は、まず一旦冷静さを取り戻して。正確なデータを基に、現状を分析してみるといいですね。

関連記事
最新記事