気分は萎えるがうつ病ではない、経営者の「気」が衰える理由

気力が萎えるが、うつ病ではない。メールも面談も鬱陶しい。そう訴える経営者が多いという。現代医学では解けないその原因とはー。東洋医学の外来にくる企業経営者には、ひとつの傾向がある。例えば、「元気がほしい」と訴える67歳の男性がいた。彼は上場企業の代表取締役で、1年前から大学病院で受診しているというが、解決に至っていない。

彼の仕事ぶりは外部から見ると、評価が高い。ところが、ここ数年、「人と会うことも電話を取ることも苦痛」「メールの返信はつい後回しにしてしまう」と言う。引退を考えるほど苦痛だが、精神科でうつ病と診断されたわけではない。

私は人と会う頻度を以前より少なくするようにお願いして、漢方薬を処方した。すると、2カ月でよく眠れるようになり、4カ月後には人と話すのが苦痛ではなくなった。実は彼のようなケースは企業経営者に多い。彼らが求めているのは、心のケアである。

人と会うのにエネルギーがいる、昔より気疲れが多い、身体が疲れる、睡眠を若いときのように取りたい。みな、そう訴える。精神科では「正常」と診断されることが大半である。

経営者たちに起きているのは、「気力の反比例」だ。

東洋医学の概念では、人は生まれつき「腎」に生命エネルギーをもち、気力を生む。これを「先天の気」と言う。ただ、加齢により減少する。特に、ストレスがあると、弱まっていく。そのため、食べ物などで補い、「後天の気」をつくる。しかし、齢を重ねると、補う力そのものが減少する。これがいわゆる老化である。

2000年前の東洋医学の古典「素問」「霊枢」によると、腎気は髄を生み脳を養う。脳は思考を生み、視たり聞いたりする力を主(つかさど)る、とある。つまり年齢による腎気の衰えは誰にでもあるが、これが極端になると人に会いたくない、思考能力が落ちる、などの症状が現実の老化レベル以上に進むことになる。

これらの症状は「うつ」とは違い、目や耳など感覚器の劣化を感じながら疲れを増していき、人と会えなかったり、思考力が弱り新しいことに取り組めない、などの症状が出る。

しかし、経営者という立場は、常に大きな判断を求められる。人と会い、説得して、時には勇気づけて人を動かし、時には存在感で組織を引き締めたりしなければならない。よく「合理的な経営判断」という言葉が使われるが、私のもとに来る経営者は、「念」を使うような仕事が増えるとぼやく。加齢によって「気力」は減少しているのに反して、気を必要とする仕事が増えるのだ。

腎気の減少は、よく目にする患者像だ。現代医学ではこれに対応する術はない。

現代医学は、検査で捉えられる異常値には対応できるが、昔から現代まで社会には必ず存在する中年以降の序列社会でのストレスを、ダイレクトに考慮する処方箋がないのだ。東洋医学にはその術がある。それが、私が東洋医学に取りつかれた理由のひとつである。

さくらい・りゅうせい◎1965年、奈良市生まれ。国立佐賀医科大学を卒業。聖マリアンナ医科大学の内科講師のほか、世界各地で診療。近著に『病気にならない生き

関連記事
最新記事