1

交通違反「赤キップで一発免停」になる理由とは

交通違反では軽微なものは青キップ、重い交通違反には赤キップが切られます。じつは青キップで払うのは反則金、赤キップで払うのは罰金。さらに交通違反をすると、これとは別に違反点数に応じた行政処分が下されます。「赤キップで一発免停」になる仕組みを解説しましょう。

赤キップの交通違反は前科が付く

交通違反の中でも軽微なものは「反則行為」と呼ばれ、一定期間中に納付書に書かれた反則金を払えば済むもの。この「交通反則告知書」のことを青キップといいます。書類は5枚くらいで1綴りで1枚目の書類は青色。この1枚をピッと外して違反者に交付するところから青キップと呼ばれるわけです。

一方、一般道で時速30km以上オーバーなどの重い交通違反には「交通切符告知票」が渡されます。こちらの書類は1枚目が赤色。これが赤キップです。赤キップの場合は、反則行為ではなく「刑事罰」として前科が付きます。交通裁判所に呼び出されて裁判を行うのです。

また、交通違反をすると反則金や罰金とは別に、違反に応じた行政処分が下されます。交通違反をすると付く違反点数は、この行政処分を下すために利用されるもの。よく「減点される」と表現されますが、正しくは加点です。

6点以上の交通違反には赤キップ

すなわち免許を取得すると、もともと0点だったところに交通違反の種類によって点数が付加。その点数が一定以上累積すると、3年以内の前歴に応じて免許停止や取り消しなどの行政処分が下されるのです。

例えば、一般道で時速15km未満のスピード違反は1点、時速30km以上50km未満だと6点、酒酔い運転は35点など。そして、反則行為に収まらない6点以上の重い交通違反には赤キップが渡されるのです。

ここで違反点数が6点を超えると、前歴がなくても30日の免許停止の行政処分が下されます。「赤キップで一発免停」というのは、この行政処分に由来するわけです。ちなみに前歴がある人は、もっと低い違反点数で免許停止になります。

関連記事
最新記事