1

リサイクルショップでよく持ち込まれるが買い取れないアイテムとは!?

引っ越しや掃除で出てきた不用品をリサイクルショップに買い取ってもらいたいと持ち込んだものの引き取ってもらえなくてがっかり……という経験はないだろうか。よく持ち込まれるものの実は買い取れないアイテムについて、総合リユースショップ「トレジャーファクトリー」をはじめリユースショップを展開する株式会社トレジャー・ファクトリーバイヤーの小野倫敬さんに話を聞いた。

■インクジェットプリンター、加湿器

小野さんによると中古のプリンターは、持ち込んでも買い取りは難しいアイテムなのだそう。また超音波加湿器も同様とのこと。

「中古のプリンターはほぼインクジェットプリンターの為、中古のお品物ですとインク部分が固まりやすく、洗浄ができない為、中古の販売に適しておりません。また中古の超音波加湿器は低価格でお求めやすく、お客様も買い替えなどでよくお持込みいただけますが、超音波加湿器は性能上加熱処理をされない方式をとっているものが多く殺菌機能がありませんので、中古ではカビなど人体に影響を及ぼす懸念がある為、当社では未使用のみのお取扱いとさせていただいております」(小野さん)

どちらもまだ使えれば大丈夫と思っていたので意外だ。

ただし「加湿器は、最近ではハイブリッド式と言って、超音波と気化式のW搭載の機種もあります。そちらでしたら問題ありません」とのこと。使用している加湿器のタイプをまずチェックしてみてはどうだろうか。

■ガス器具(ガスファンヒーター・ガステーブル)

冬に活用したガスファンヒーターやキッチンで使うガステーブルなどガス器具、まだ使えるなら買い取ってもらいたいと考えてしまうが……。

「ガスファンヒーターやガステーブルに関してはPSTGマ-ク『都市ガス専用』とPSLPGマーク『LPガス専用』のないお品物は販売不可となっているため買い取ることができません」(小野さん)

ただし「一部自主基準マークで買い取りが可能なものがございます」とのこと。

■石油ファンヒーターや石油ストーブ

冬の寒い時期に活用した石油ファンヒーターや石油ストーブは、「国の基準をクリアしたPSCマークのないお品物は販売不可となっており、買い取ることができません」とのこと。またPSCマークは石油ファンヒーターや石油ストーブの他にも適用されているという「PSCマークは圧力鍋やヘルメット、ベビーベッドなども該当品となります」とのこと、PSCマークの有無を確認しよう。

■その他こんなアイテムも……

その他にも買い取りが難しいアイテムを教えてもらった。

「家具ですと東北の震災以降天井に突っ張るタイプの家具は安全を配慮し、中古のお品物のお取扱いを控えております。また、テレビ台も液晶テレビが主流となった今では、奥行幅 40cmを超えるテレビ台はブラウン管用となり取扱いができない場合がございます」(小野さん)

まずサイズや仕様をチェックしたほうがよさそうだ。また中古の布団や毛布・タオルも衛生上の理由により取り扱いを控えているとのこと。同じく衛生上の理由で、中古のペット用品も買い取りを控えているそうだ。

その他、「マッサージ機・血圧計は薬事法により一部の店舗以外取り扱いを控えております。チャイルドシートはEマークのないものは販売ができない為、取り扱いを控えております」とのこと。リサイクルショップに持ち込む前に、買い取ってもらえるアイテムかどうかまず選り分けてみるとよいかもしれない。

「教えて!goo」では「リサイクルショップで買い取ってもらいたいものは?」で意見を募集中だ。

●専門家プロフィール:株式会社 トレジャー・ファクトリー
「トレジャーファクトリーは人々に喜び・発見・感動を提供します。」を経営理念に総合リユースショップ「トレジャーファクトリー」をはじめとする。リユースショップをWEBや全国で100店舗展開している。

関連記事
最新記事