1

受けっぱなしではダメ! 健康診断は“後”が大事だった

健康診断は定期的に受けているが、数値をどう見たらいいかわからない。結果が送られてきてもそのまま。そんな人が意外と多いのではないだろうか。健康診断は受けっぱなしではもったいない。健康寿命を延ばすヒントが詰まっているのだ。

 宮城県在住のカズオさん(仮名・71歳)は、昨年8月から、ほぼ毎日飲んでいたお酒を控え、2日に1度、休肝日を設けるようになった。自治体の行う健診で、肝機能の状態を示す検査の一つ、γGTPが285IU/リットルと、成人男性の基準範囲である10~50IU/リットルより高かったためだ。

「γGTPが高いから節酒したほうがいいというのは、現役のころから言われ続けていたこと。年金生活になり、年齢のこともありますし。それで意を決しました」

 とカズオさん。昨年11月、健診を受けたところ、数値は当時の4分の1にあたる66IU/リットルに。基準範囲よりは若干高いものの、この劇的な下がりように当人も「うれしいびっくりです」。毎年のように健診データをチェックし、酒を控えるよう注意していたかかりつけ医も、今回の数字には驚いたという。

 超高齢化を迎えた今、誰もが健康で長生きしたいと思っているはずだ。その第一歩は、自分の健康上の弱点を知って、対策をとること。その手段こそ、身近な“健康診断”だ。

 健康診断には大きく分けて、高血圧や糖尿病といった生活習慣病の発症予防を目的に実施されているものと、主にがんの早期発見のために行われる「検診」とがある。自治体や職場で受ける健康診断や個人で受ける人間ドックでは、それらが一緒になっている。

 これらの健康診断、人間ドックに必ずと言っていいほど含まれているのは、「特定健康診査(以下、特定健診)」だ。2008年度に導入された制度で、メタボリック症候群の発見に焦点を当てている。将来的に脳卒中や心臓病などが発症するリスクが高い受診者には、特定保健指導が行われる。

特定健診を受ける人は、年々増加傾向で、特定健診が始まった08年度の実施率は38.9%だったが、14年度は48.6%。約2616万人が受けている。今回、健康寿命を延ばす手段として本誌が注目したのは、この特定健診だ。

「過去の受診者から得た膨大な量のデータを分析した結果、生活習慣病の予防効果や治療費の抑制効果などが認められたのです」

 こう話すのは、健康診断で行う保健指導の第一人者、津下一代さん(あいち健康の森健康科学総合センター長・愛知県東浦町)だ。調査結果を公表した、特定健診・保健指導の医療費適正化効果等の検証のためのワーキンググループのメンバーの一人でもある。

 調査では、制度が始まった08年度に特定健診を受けて、特定保健指導の対象になった20万~22万人を分析。特定保健指導に参加した群と参加しなかった群に分けて、09年度から13年度の検査値、医療費などを比較した。その結果を見ると、腹囲や体重、血圧(収縮期血圧)、脂質(中性脂肪)の項目では、参加群のほうが不参加群よりも改善度が高く、血糖(ヘモグロビンA1c)でも、参加群のほうが上昇の程度が緩やかだった。

 また、特定保健指導の5年間は、改善効果が継続していることもわかった。

 健康効果だけではない。医療費については、高血圧、脂質異常症、糖尿病の三つの病気の治療費(入院以外)をレセプト(診療報酬明細書)から算出。08年度をベースに、09年度から13年度の各年度にかかった金額を参加群と不参加群とで比較した。その結果、男性1人あたり8100~720円、女性1人あたり7870~1680円、安く抑えられていた。

 津下さんは分析する。

「受けっぱなしではダメということです。検査値の意味を理解して、基準範囲を超えていたら、どう改善すればいいのか、保健師さんなどからアドバイスを受けて、生活を見直す。そうして初めて特定健診を生かせます」

関連記事
最新記事