ラブラドールレトリバーの飼い方と育て方

ラブラドールレトリバーの飼い方で大切なこと

大型犬のラブラドールレトリバーを飼うと決めたら、準備・環境作りがとても大切です。さらに飼い方も重要になってきます。事前にラブラドールレトリバーの飼い方について詳しく調べておく必要があります。病気の予防の面からも健康管理は重要です。ラブラドールレトリバーは活発な性格なので、食事や運動について気を遣わなければいけません。さらに適切な運動量も必要になります。でも、運動をさせすぎると股関節に負担がかかるのでバランスをとるのが難しい大型犬です。

ラブラドールレトリバーの飼い方で大切な健康管理・運動量

ボールなどを使った遊びを取り入れる食事はカロリーに注意1日2回、各30分~1時間程度の運動が必要

ラブラドールレトリバーの飼い方で準備が必要なもの

ラブラドールレトリバーの飼い方で事前に準備が必要なものがあります。飼うと決めたらまず、寝床となるゲージ、トイレとなるゲージが必要です。ラブラドールレトリバーの飼い方で寝床とトイレを別々のゲージにすることにより、室内でも排泄をしてくれるようになります。ゲージを一緒にしてしまうと成犬になった時に室内のゲージで排泄しなくなり、散歩や庭でしか排泄をしなくなります。

ラブラドールレトリバーの飼い方で準備が必要なものは滑り止めマット類です。ラブラドールレトリバーのような大型犬は股関節に負担がかかりやすいので、フローリングなどで滑らないように、滑り止めマット類は必ず準備しておく必要があります。

ラブラドールレトリバーの子犬期は活発な性格のため、椅子や机、コード類に噛み付いて壊してしまうことがあります。下手をすると飲み込んでしまう場合もあり危険です。噛まれたくないものは片付けるかカバーなどで対策するか、愛犬の噛み癖を矯正するスプレーを噛まれたくないものにスプレーしておく必要があります。成長期やストレスなどで室内のものを壊されないように準備が必要です。

ラブラドールレトリバーの飼い方でしつけをしながら育てる方法

ラブラドールレトリバーは成犬になると身体も大きくなり、散歩や食事の度に暴れられては大変です。行儀よく育てる飼い方をするには、子犬の頃から食事や散歩中にしつけをしながら育てる方法がよいとされます。ラブラドールレトリバーの飼い方で食事の方法として、毎日同じ時間、同じ食器、同じ場所で与えます。ラブラドールレトリバーは食欲旺盛でご飯を常にほしがるので、しつけをしながらの飼い方として食事の時が効果的です。食事のマナーを守る意味もありますので、しっかりしつけていきたいです。

食事を与える前にマテ・スワレ・ヨシなど必ず与える前に訓練します。遊び食いの癖にならないよう、15分くらい経ったら食器を片付けましょう。また、食器からこぼれたものを舐めて食べようとしたら、ダメと言って強く叱りましょう。ラブラドールレトリバーは自分以外の食事にはあまり関心を持ちませんが、散歩に行った時などは好奇心から拾い食いをしてしまうことがあります。それを防ぐしつけも必要です。食事のしつけに慣れてきたら、食器の中に飼い主の指を入れ、噛みつかないようにしつけることで食事を与えても噛みつかないようになります。

ラブラドールレトリバーの飼い方では散歩の時に飼い主にしたがって行動できるような訓練も必要です。ラブラドールレトリバーは力が強く、引っ張られると阻止するのが大変なため子犬の頃からしつける必要があります。自分と同じ歩調で歩くようにリードを強く引っ張り犬にショックを与え覚えさせましょう。ちゃんとできたら、褒めることも忘れずにすることで身についていきます。

ラブラドールレトリバーの飼い方で注意すること

ラブラドールレトリバーの飼い方で重要なのは、毎日の運動です。小型犬と違い家の中を走らせることで十分な運動を得ることができない大型犬は、飼い主が散歩に行くなどして意識的に運動させる必要があります。人と一緒にいることが好きなラブラドールレトリバーは散歩によって精神的な満足感を得られます。飼い方として一緒にボールなどを使って遊んだり、散歩したりしましょう。退屈になると家中走り回ったり、吠えたりして問題犬になることがあるので注意が必要です。

ラブラドールレトリバーは食べることが大好きです。太りやすい犬なので、太らせないように管理が必要です。飼い方として、与える時間をきちんと決め、分量を把握し与え体重管理をしてあげるとよいです。ラブラドールレトリバーの飼い方ですが、社交的でさびしがり屋なので、室内で家族と一緒に過ごさせるのがよいです。また、短毛ですが暑さに弱く、夏場の環境や温度には気を配る必要があります。

ラブラドールレトリバーを外に連れ出すときは、活発な犬なので野外に出ると興奮してしまいます。雨上がりには水たまりに入りびしょ濡れになることもあります。元気いっぱいのラブラドールレトリバーですが、そのままの元気さで見知らぬ人に飛びついてしまうと体格にもよりますが、子供に行った場合、けがを負わせてしまう恐れがあります。飛びつかないようにお座りなどを教えるしつけが重要です。また、おもちゃなどで気を紛らわされるのも大切です。

まとめ

ラブラドールレトリバーはとても賢い大型犬です。ラブラドールレトリバーを迎え入れる準備をして、家族の一員として、しつけや食事、運動に気を配りながら楽しく生活を送れるよう心がけましょう。

関連記事
最新記事