1

社会人が実践! 仕事の効率がUPする習慣8選

忙しい毎日、社会人のみなさんの中には、時間ばかりがかかって仕事がなかなか進まない……という経験をした人も多いと思います。できるだけ効率アップをはかって、限りある時間のなかでたくさんの仕事がこなせるようになりたいですよね。そこで、今回は仕事の効率をUPさせるのに成功した習慣にはどんなことがあるか社会人のみなさんに聞いてみました。

■「これを始めたら仕事の効率がUPした!」という習慣はなんですか?

●朝一のスケジュール確認

・朝のうちに、今日やるべき仕事を考える。頭の中が整理されて、優先順位を付けられるから(男性/47歳/金融・証券)
・毎日今日どこまでやるかの目標を付けることで、メリハリがつきスムーズに仕事が進むから(女性/45歳/アパレル・繊維)
・優先順位がつけられて、ひとつひとつこなしていけばいいので、時間配分も考えられるから(女性/30歳/その他)
・当日の作業が見えるので(男性/31歳/情報・IT)

●早寝早起き

・朝すっきり起きられるようになった(男性/33歳/金属・鉄鋼・化学)
・ちゃんと寝る! 寝ると昼間に頭がさえる(男性/34歳/団体・公益法人・官公庁)
・生活リズムをよくするのはいいことだから(男性/38歳/小売店)
・夜更かしをやめる。夜しっかり睡眠をとると次の日すっきりできるから(男性/30歳/情報・IT)

●仕事の優先順位をつける

・効率よく仕事を進めることができるようになった(男性/35歳/食品・飲料)
・重要度を考えて優先順位を決める。忙しくなってくると優先順位もわからなくなってくるから(女性/25歳/生保・損保)
・大変な仕事は先に済ませる。大変な仕事を済ませていると精神的に楽になる(男性/34歳/建設・土木)
・とりかかる前にやることを書き優先順位をつける。時間配分ができるから(男性/38歳/金融・証券)

●メールチェックの時間を決める

・ちょこちょこしているよりも、時間を決めたほうが効率いいと思うから(女性/41歳/その他)
・メールをいつもチェックしていると、時間の無駄になってしまうから(女性/24歳/アパレル・繊維)
・メールチェックをしている、と取り組み中の仕事が中断してしまう(男性/50歳以上/その他)
・時間を決めてチェックしていると、仕事に取り組みやすく時間を無駄にしないから(女性/33歳/アパレル・繊維)

●その他

・昼寝。お昼休みにちょっとでもお昼寝すると、午後の仕事に集中できる感じがするから(女性/35歳/小売店)
・デスク掃除。定期的にやるとスイッチの切り替えができる(男性/41歳/その他)
・スマホでタイマーをかける。ダラダラせずに集中してテキパキ片付けられるようになった(女性/25歳/食品・飲料)
・先輩と、仕事のチェックをし合うことにした。ダブルチェックをすることにより、ケアレスミスを減らすことで、他の作業に充てられる時間が増えた(女性/33歳/食品・飲料)

計画を立てるという人が多かったです。計画を立てると、仕事の優先順位をつけたり時間の配分をしたり、うまくできるようになって効率的ですね!いかがでしたか? ちょっとした習慣でぐんと仕事の効率がアップするということがわかりますね。思ったように仕事が進まないときには、これらの習慣を取り入れて効率アップにチャレンジしてみてくださいね。

関連記事
最新記事