幸せ呼ぶ猫神の呟き 駐車違反ステッカーは放置しておくとどうなる?
                 


駐車違反ステッカーは放置しておくとどうなる?

黄色い駐車違反ステッカーは、正式には「放置車両確認標章」といいます。駐車違反が確認されると、警察官や駐車監視員がしっかりとその事実を記録。その駐車違反ステッカーはその確認のために貼られています。この駐車違反ステッカーは放置しておくとどうなるのでしょうか?

駐車違反のステッカーに記載がない

じつは駐車違反のステッカーには「警察へ出頭せよ」とは一切書かれていません。車の使用者は放置違反金の納付を命ぜられることがあります…と記載されているだけ。保管したり提出したりという記載がないのです。

ステッカーには「運転するときは、交通事故防止のため、この標章を取り除いてください」とまで印刷されています。はたして、この駐車違反ステッカーを放置するとどうなるのでしょう。

駐車違反のステッカーを貼られても放置していると、ナンバーから判明した車両の持ち主へ警察から「放置違反金」の納付書が届きます。金額は駐車違反の反則金と同額。これを払えば違反処理は終了なのです。

駐車違反で出頭すると損をする構造

ステッカー自体は「駐車違反を確認しました」というお知らせに過ぎません。捨てても破いても手続きは粛々と進んでいくのです。ただし、放置違反金で処理が終われば、誰も違反キップは切られず、誰にも違反点数は付かないのです。

ここで警察へ出頭するとしましょう。違反者が出頭すれば、警察は基本的に青キップを切って「反則金」の納付書を渡します。青キップを切られれば1~3点の違反点数が加算されてしまうのです。

本来は駐車違反をした人が出頭すべきですが、出頭しないことに対するペナルティが設定されていません。このため、駐車違反のステッカーを見て出頭する人が、結果的に損をしてしまう構造になっています。とはいえ、駐車違反は迷惑なだけでなく危険も伴うもの。交通ルールはしっかり守りましょう。

関連記事
最新記事