ビタミンたっぷり! 二日酔いにも「焼きグレープフルーツのヨーグルト添え」

今回ご紹介するレシピは、さっぱりとした苦み、バランスのとれた酸味と甘みが美味しい、グレープフルーツを使った「焼きグレープフルーツのヨーグルト添え」です。そのまま食べるのも美味しいグレープフルーツですが、表面をバターでサッと焼くだけで、いつもとは違う、ほろ苦さと甘みを楽しむことができます。

グレープフルーツに豊富に含まれる、ビタミンCはかぜ予防に、カリウムは利尿作用や高血圧予防効果を期待できます。さっぱりとさわやかなグレープフルーツの香りは、二日酔いのときにもおすすめです。

【材料 2人分】
グレープフルーツ 1個
バター 大さじ1
はちみつ 大さじ3
ヨーグルト 大さじ4
カルダモンパウダー ひとつまみ
ミント 適量(トッピング用)

 1.グレープフルーツは横半分に切る。フライパンにバターを熱する。グレープフルーツを、切った断面が下になるように、フライパンに並べる。

 2.グレープフルーツが好みの焼き加減になったら、お皿に移しはちみつを回しかける。ヨーグルトをのせ、カルダモンパウダーをひとつまみ振りかける。ミントをトッピングして出来上がり!

 中東やインドでよく使われるスパイス「カルダモン」のスッキリとした香りにはリラックス効果があると言われています!

関連記事
最新記事