なぜ「家庭内トラブル」は満月や新月の前後1日に集中するのか?

家庭内で揉め事やトラブル、避けられるものなら避けたいものですよね。どうやらそんな方法があるようです。今回の無料メルマガ『システマティックな「ま、いっか」家事術』で著者の真井花さんが紹介しているのは、「揉め事が起こる規則性」。この規則性を知ればトラブルが起こらないように振る舞える、と真井花さんは記しています。

我が家のトラブル

さて、本日はホントはアヤシくないアヤシイお話。

季節の変わり目には、体調が崩れたりしませんか? 私は体調には来ないんですが、気分には来る(ー_ー)んですよね。要するに、なんでか分からないけどイライラむかむかションボリするんです。

家庭生活が平穏に過ぎていくことは、人生の幸せの大部分を占めていると思います。いらいらムカムカした家庭では寛げませんからね。そのために、掃除をテキパキ終わらせたり、気分をリフレッシュしたりするわけですよね。

ところが、そんな努力を虚しくしてくれちゃうことが起こるんです。

子供が熱を出した!納期が前倒しになって大幅残業!電車が遅れてお迎え時間に間に合わない!義理両親から趣味じゃないモノが贈られてきた!天気予報がハズレて洗濯物が台無し!

こんなふうにソトからやってくることは自分ではコントロールできませんからねえ。しかも、ソトからのトラブル以外に気を付けたいのが月齢です。昨年の年末頃に月齢カレンダーもあったほうがいいよっていう記事をアップしましたが、それはこういう理由もあったんです。

● なぜ「月齢カレンダー」を使うと、未来予測が可能になるのか?

ちなみに我が家。私がメモ魔なので、いろいろな出来事や名前、場所など記録しておくんですね。その中にはもちろん家族のイベントや誕生日、ケンカなども含まれています。で、あるとき、ふと思いついて調べてみると、なんと家族のケンカやもめ事はほとんど百発百中で満月か新月の前後1日以内に起こっているんです。

もちろん満月や新月にいつもケンカしているわけじゃなく、何事もなく過ぎるときもありますし、全く関係のないときもあります。つまり満月や新月だからとって揉め事があるわけじゃないんですが、揉め事が起こるときは大体満月か新月なんですよ。月は感情に影響を及ぼすといいますが、我が家では全くそのとーりな結果になっているんです。

そんなことが重なって、我が家では、満月と新月のころにはお互い感情が激しやすく、心にもないことを口走りがちだということを理解し、十分気を付けるようになりました。せっかく家庭でハッピーで豊かな気分を味わいたいのに、月のせいで努力をフイにしてしまいたくないですからね。おかげで最近、この時期でのトラブルが減ってきたように思います。

ちなみにもっと積極的に行動するなら

新月には新しいことを始めてみる満月には断捨離やデトックスをしてみる

などがいいんです。新月には新しい料理のレシピに挑戦してみたり、逆に満月にはダイエットや不要品の片付けをするなど。そこまでできれば月と上手く付き合えるようになったということでしょう。我が家は、まだまだですけどねえ。えへへ。

ちなみに先日、ムッショ~にムカつきました。しかもそれがなんでだか解らない!! んです。事情の分からない家族はみんなでオロオロ。まあ、私も解らなかったんだけども。主婦の感情の波は、家庭内にモロに波及するからねえ。ごめんなさいねえ。

で、ふとカレンダーに目をやると、そこには燦然と輝く満月のマークが!!! いや~、笑い話じゃないんですよ。実話です。

感情に影響を与える月。家族のトラブルや夫婦げんかを振り返ってみてください。家庭の平穏に大きな影響を与えている月の力を感じる結果になっているかもしれませんよ。

関連記事
最新記事