肩こりが「歪み」の原因? お風呂で出来るお手軽ストレッチ!

デスクワークやパソコンを使った仕事が増えたいま、肩こりに悩まされる人は多いことでしょう。たかが肩こりとはいえ、放置していると体の歪みなど、さまざまな体の不調の原因となってしまう恐れがあります。今回は、症状を回復させるために効果的なストレッチや、お風呂でできる手軽なケアを調べてみました。

猫背の方は要注意!

普段なかなか意識することはありませんが、人間の頭はとても重いものです。一般的に、体重の約8%が頭の重さだといわれています。体重50㎏の女性だと、なんと頭だけで4㎏ほどの重さがあるということ。これだけの重量が常に肩の上の首で支えられているのです。日常的に頭の重さを実感することはあまりないことでしょう。それは背骨や筋肉が重たい頭をしっかりと支えているからなのです。しかし、長時間のデスクワークなどで猫背の姿勢が続くと、そのバランスが崩れてしまいます、猫背気味の人は、首が前に出てしまいがちで、頭から首、首から肩と負担がかかってしまい、肩こりの原因となるのです。

肩こりから起こる体の歪み

デスクワークで猫背になることで負担がかかりやすいのが、肩の筋肉、僧帽筋です。僧帽筋の血行が悪くなることで、筋肉は硬直し、慢性的な肩こりの原因になります。肩こりを解消するためにはまず、姿勢の改善が大切なのです。

お風呂で出来るストレッチ!

肩こりでお悩みの方におすすめの、お風呂などで試せるストレッチをご紹介します。まずは首から肩の周りを気持ちよく伸ばしてから始めましょう!

・右腕を背中に回します。右手の先を左手で持ちます。床と平行になるように、横へ引き出します。頭を左に倒します。頭を起こして手を離します。反対側も同様に行います。

・両方の手でお互いの肘を持ちます。頭の後ろで固定します。そのまま上体を右に倒します。上体を真ん中へ戻します。反対側も同様に行います。これをゆっくり5回ほど繰り返してください。

・自分の体を抱きかかえるように両方の手を前から背中に回します。背中側で肩甲骨をつかむようにしっかりと抱え込みます。デスクの前やちょっとしたスペースでもできますが、血行が良くなっているバスタイムに行うのが理想的。正しい姿勢を心がけて肩こりを解消し、身体の歪みを予防しましょう!

関連記事
最新記事