1

ビフィズス菌でヤセ体質に!?ダイエットのためのヨーグルト

腸内フローラをいい状態に保つことが美容と健康に役立つことは、もはや常識ですね。そのために毎日ヨーグルトを欠かさない方も多いと思います。みなさん、どのような基準でヨーグルトを選んでいますか? ヨーグルトには、善玉菌の代表である乳酸菌やビフィズス菌が入っていますが、その違いをご存じでしょうか。腸内フローラを改善してヤセ体質を目指すなら、「ビフィズス菌」入りヨーグルトを選ぶこともポイントです。

■ヤセ体質にはビフィズス菌を選ぶべき理由3つ

(1)大腸で働く

ビフィズス菌と乳酸菌は、同じような腸内細菌と思われがちですが、乳酸菌は主に小腸で働き、ビフィズス菌は大腸で働きます。ですから、大腸にある腸内フローラを改善するにはビフィズス菌が大切です。

(2)デブ菌を抑える

腸内フローラの中には、身体に余分なものを溜め込むデブ菌のいることがわかっています。ビフィズス菌が食べものを発酵分解する際に産生される酢酸には、強い殺菌作用があるため、デブ菌や悪玉菌の増殖を抑えて、善玉菌の活動しやすい環境作りをサポートします。

(3)ヤセ物質をつくる

ビフィズス菌やヤセ菌と呼ばれる腸内細菌は、酢酸などの短鎖脂肪酸を産生します。この短鎖脂肪酸には、腸のぜん動運動をうながす、脂肪細胞への脂肪の蓄積を防ぐ、交感神経を刺激して脂肪の燃焼をうながす、満腹感を持続させるなど、総合的な肥満の予防効果が期待されています。この他、代謝に欠かせないビタミンB群を作り出すのもビフィズス菌です。

■ビフィズス菌入りヨーグルトの選び方

ビフィズス菌入りヨーグルトは、さまざまなメーカーから販売されています。ビフィズス菌にはとてもたくさんの種類がありますが、選ぶべきは、私たち人間の腸内にすでに住み着いているビフィズス菌入りのヨーグルトです。ビヒダス、ヤクルトミルミル、チチヤスヨーグルトなどが、人間の腸内に住み着いているビフィズス菌を使っています。

一度にたくさん食べるのではなく、毎日続けることが大切ですから、手に入りやすく継続しやすいヨーグルトを選びましょう。乳酸菌だけのヨーグルトでも腸内フローラの改善は期待できますが、より効果を高めたい方は、ビフィズス菌入りヨーグルトを選んでみてはいかがでしょうか。(美養フードクリエイター 岩田まなみ)

関連記事
最新記事