1

【残業に注意!】月給20万円でも約3万円…そんな社会保険が決まるのは4~6月のお給料

毎月お給料から引かれている社会保険料。

病院に行くときの医療費負担や将来もらえる年金のためとはいえ、給与明細を見るとこんなにかかっていたんだ!?ってびっくりされる方も多いのではないでしょうか。この毎月の社会保険料ですが、4〜6月に支給されるお給料の金額によって決まるんです! なのでその期間の残業には注意が必要。今回はそんな社会保険料の決まり方のアレコレについてご説明していきたいと思います!

◆4〜6月に支給されるお給料で社会保険料が決定されるんです!

1年間の社会保険料は、4〜6月に支払われるお給料の額によって等級が決まり、その等級に沿った社会保険料がひかれることとなります。そして決まった社会保険料は、その年の9月から翌年の8月まで同じものが適用されます。ポイントなのは、ここで関係するお給料の額というのが、通常どおりの固定の給与額に加え毎月変動する残業代なども反映した金額だということです。

基本的にはお給料は翌月支払いだと思うので、3月分の支払いが4月、4月分が5月、5月分が6月になることでしょう。つまり、その期間に残業が多く支給額が多ければ多くなるほど等級があがり、社会保険料も増えていくのです。なので実際に多くの人が残業に気をつけなきゃいけないのは3〜5月ということになるでしょうか。

◆年収が同じでも社会保険料が違うことがあるって本当!?

社会保険料が決まるのは4~6月に支給されたお給料の金額から。たとえ年収は同じだったとしても、4〜6月に支給されるお給料が多い人と、それ以外の月のお給料が多い人とでは社会保険料が違うため、毎月の手取り金額も変わってくるのです。また、4~6月に残業が多く、ほかの月がそんなに残業が少なく支給額が少なかったとしても、支給額が多かった時のままの社会保険料が1年間ひかれることとなります。

一方で、7月に支給されるお給料がどんなに増えたとしても、社会保険の金額は翌年まで変わらないということになりますから、あえて4~6月の残業代は少なくしているという方も多いようです。(後述しますが、給与の条件が変わった場合や業種によっては変わる場合もあります。)

◆「社会保険料が高くなること=悪いこと」ではない!

社会保険料が高くなることは、必ずしも悪いことではありません。社会保険料のうち厚生年金は、払った分だけ将来貰える年金も多くなります。4~6月の支給額が多くひかれる社会保険料が多くなってしまったとしても、損をしているわけではなく将来のためにお金をかけていると思えばいいのです。

ちなみに、社会保険料は協会けんぽのサイトで見ることができるのですが、参考までに下記に東京都の最新の社会保険料の表を載せておきました。社会保険料は会社が半額負担してくれているので、この表を見るときは「折半額」という項目を見るようにしてくださいね!

◆お給料が大幅に下がった…社会保険料は変えられないの?

昇給や降給など固定給に変動があって、変動した月からの3か月間の平均の等級とそれ以前の等級に2等級以上の差があり、その3か月間で17日以上の出勤がある場合(月給制の時)は、随時改定という手続きにより、社会保険料を変更させることができます。(その他留意事項は日本年金機構のサイトをご覧ください。)

また、通常社会保険料に関係する4~6月の支給額が例年多くなってしまう業種については、その期間で社会保険料を決めるのではなく、年間の平均額で決めるという方法をとることができます。この辺の対応は会社によって異なるかと思いますので、自分の働いている会社はどのように社会保険料が決まっているのか、一度周りのだれかに聞いてみてもいいかもしれませんね。

3〜5月は年度末~新年度でなかなか忙しい時期なのよね~という方が多いかと思います。なにはともあれ、4~6月のお給料の支給額で社会保険料が決まること・残業代が多くなるとその分社会保険料も多くなるということを知っておいて損はありません。ぜひ社会保険料が決まる仕組みを念頭において、働いてみてくださいね!(横川楓)

※2017年4月6日現在の内容となります。

★横川楓プロフィール&「横川楓のマネー入門」一覧
24歳で経営学修士(MBA)を取得し、その後ファイナンシャルプランナー(AFP)に。マイナンバー管理アドバイザー、マネーマネジメント検定2級などの資格を取得し、現在は新宿にある税理士事務所に在籍中。元地下アイドルという経歴をもち、最近のマイブームは変身できるカメラアプリとポケモンGOという26歳。

関連記事
最新記事