幸せ呼ぶ猫神の呟き 梅毒感染、最速1000人超え
                 


梅毒感染、最速1000人超え

国立感染症研究所は4日、今年の梅毒の感染者が3月26日までに1013人(速報値)となったと発表した。42年ぶりに感染者が4千人を超えた昨年同時期(796人)を上回るペースで、現行の統計方法になった平成11年以降、最も速い。厚生労働省は体の不調があったら早めに受診するよう呼びかけている。

 感染研によると、感染者は東京323人、大阪147人、神奈川61人、福岡55人、愛知45人、埼玉39人、兵庫37人-など都市部に多い。鳥取、島根、徳島では感染報告がない。

 梅毒の感染者は戦後間もない時期には年間20万人を超えたが、抗菌剤治療が普及して激減。22年は621人にまで減ったが、昨年は昭和49年以来となる4千人を超え4559人(男性3174人、女性1385人)と激増した。

 特に20代前半の女性での感染増加が目立つ。

関連記事
最新記事