幸せ呼ぶ猫神の呟き 既婚者同士の不倫は恐ろしい…ダブル不倫経験者が語る末路とは…?

既婚者同士の不倫は恐ろしい…ダブル不倫経験者が語る末路とは…?

ドラマや映画の題材として扱われれば一躍ヒットとなりますし、どこかの芸能人が、したとなれば連日ワイドショーを賑わせる……それだけ世間の関心が高いと言えるのが、「不倫」というこのワードです。
­
単なる不倫というのも、もちろんいけないことではありますが、それより更にドロ沼と言えるのが、男女ともに既婚者といういわゆる「ダブル不倫」です。覗きたいような、覗きたくないような……少し複雑な心境ながら、覗き見してみたい方に、本日はほんの少しだけ、ダブル不倫経験談をご紹介しましょう。

転勤を機に別れた、Aさんの経験談

「いま思えば、運命のイタズラとしか言いようのないものでした」と語ってくれたのは、現在小学生のお子さんを持つAさん(42歳)。「結婚生活も、子育てもそれなりにうまくいっていたし、不満もありませんでした。だから、そんな欲求なんて感じたことはなかったのですが…」と、控えめに語ってくれたその発端はなんと、お子さんが入園した保育園で、大学生のときに付き合っていた元彼と再会してしまったこと。
­
「すぐに気付きました。私が振られた側だったので、未練もしばらくの間ありましたし……向こうは戸惑っていましたけど、これからも顔を合わせることがあるかなと思い、毎回気まずいのも嫌だったので、私から話しかけました」
­
そこからしばらくの間、これまでの空白を埋めるかのように連絡を取るようになり、関係を持ってしまったというのです。旦那さんの転勤に伴う引っ越しにより、関係を絶たざるを得なかったそうなのですが、いまでも好きで、会いたくて仕方ないとのこと。
­
しかし、その後電話をしてもずっと出てもらえないそうで「所詮ダブル不倫。会えない距離になった今、もう連絡をとる必要もないってことですよね……自分だけがまだ好きで、相手からすれば体だけの関係。旦那を愛していた生活にはもう戻れないですし、この思いをどうしてよいかわかりません……」と語られていました。割り切り型の男性に対し、いろいろ割り切れないのが、女性の性なのかもしれません。

旦那とも不倫相手とも関係を終えた、Bさんの体験談

旦那さんとうまくいっていなかったこともあり、SNS上で知り合った相手との不倫に走ってしまったBさん(38歳)。「本当に大変でした。よくある話ですけど、向こうの奥さんにバレてしまって……執拗な嫌がらせを受けました。まぁ自分が悪いんですけどね」。
­
当時は、精神的にも追い詰められ、とても辛い日々を過ごしたそう。「彼は、自分も妻とはうまくいっていないし、そのうち別れたいと思っているから、と……そう私に言っていて、信じたかったんですね、そのときは」。
­
しかし、2年以上に及ぶ、不倫生活に終止符を打ったのは、Bさんの方からだったそう。「奥さんと別れないってことは、私のことはただの遊びなんだなって。ある日突然目が覚めたようにそう思いました。そんなのはじめから、分かっていたはずなんですけど……奥さんの妊娠を知らされた瞬間に、本当に実感したんですよね」。
­
そしてそれと同時に、「2年以上も他の男と関係を持っているにも関わらず、私になんの興味もない旦那にも、ようやく別れを告げることができました」とのこと。Bさんは現在、新たな恋に向かって前向きに暮らしているそうです。

友人の夫を寝取った、Cさんの経験談

「もう絶対に不倫だけはしません。なんであんなバカなこと……」そんなふうに後悔を滲ませたCさん(35歳)のお相手はなんと、友人の旦那さん。「私と彼と、彼の奥さんは元々同級生で、仲が良かったんですよ。2人が付き合っているときからよく相談を受けていたので、お互いに結婚してからもそれが続いていたんですけど……」その相談を受けながら、つい、お酒の勢いで関係を持ってしまったことがきっかけだったそう。
­
「最終的には、すべてバレました。私の旦那にも、友人にも」。旦那さんには、時間をかけて許してもらえたそうですが、友人とは絶縁状態とのこと。「不倫なんてしなければ、今も3人、もしかしたら私の旦那とも、家族ぐるみで付き合いが続けていけたのかもしれないのにな……なんて思うことがあります」。失ったものは元には戻らない。ダブル不倫の後悔はいまも続いているようです。
­
一歩間違えば、なにもかも失ってしまうかもしれないのが、ダブル不倫。今回覗き見たあなたにだって、今後誘惑がないとは限りませんから、くれぐれも足を踏み入れてしまわないようにご用心です。

関連記事
最新記事