1

噛むだけでダイエット!?噛む回数とダイエットの深い関係

食べたいけど痩せたい…女性にとって永遠のテーマですよね!無理に食べるのを我慢するのは、健康にもよくないですしストレスもたまってしまいます。しかし、食べたいものを食べる時、ちょっと意識するだけで太りにくくする工夫があるのです。それは、食べ物をよく「噛む」こと。「噛む」ことがどのようにダイエットにつながるのか、ご紹介したいと思います。

ちゃんと噛んでたべてますか?

食べる際に、無意識に噛んでいませんか?

噛むことの目的は、食べ物を味わうことや食べ物の消化を助ける働けることです。噛む回数が少ないと、消化する際に胃などの内臓に負担てしまうことがあります。

また、噛むことで唾液の分泌が促進され虫歯の予防にもなるなど、噛むことはとても大事なことですが、意識してよく噛んでいる人はとても少ないと言われています。

噛む回数の平均と理想は?

それでは、実際みなさんはどのくらい噛んでいるのでしょうか?

一口の咀嚼回数の目標は、30回と言われています。

しかし実際は10回から20回の人が多く、中には10回以下で飲み込んでしまう人もいるとか…改めて噛む回数を数えてみると、実は回数がとても少ないことに驚く人もいるようです。

噛む回数は癖のようなもので、昔からよく噛むようにいわれて育った人はしっかり噛んで食べる傾向にあります。大人になってから噛む回数を増やすのは意外に難しく、噛む習慣を改善するには意識をして食べる必要がありそうです。

噛むことで満腹に?

噛むことが健康に良いのはわかりましたが、ダイエットにどのように関係しているのでしょうか?

まず食事の際、噛むことによって脳の満腹中枢が刺激されます。

そして、満足感が得られれば必要な量の食事で満足をすることがで、食べすぎを防ぐことができるのです。

また、よく噛むことはゆっくり食べることにもつながります。

ゆっくり食事をとることで食欲をコントロールでき、味わって食べることでより満足感が得られ、ダイエットに良い影響を及ぼすと考えられています。

噛むことを意識して!おすすめ食材

意識して噛むことは大切ですが、ずっと意識して食事をとり続けるのはとても大変なことです。そこで、あえて噛む必要のある食材を使用することで噛む回数を自然と増やすのもひとつの手です。

しかも、噛む必要がある食材は繊維質豊富なものが多く、ダイエットに向いているものが多いんですよ!このような食材を積極的に使用することで、自然とダイエットに良い食事になります。

・ナッツ類

ビタミンを豊富に含み美容にも欠かせないナッツ類は、噛むことを意識できる食材のひとつです。

おやつの代わりにするのもおすすめです。

ただし、ナッツには油分も多く含まれていますので、食べ過ぎには注意が必要です。

また、購入する際は、塩や砂糖がまぶしてないものを選ぶのがポイントです♪

・きのこ類

食感のよいきのこ類も、噛む回数を増やすにはもってこいの食材です。

さらにローカロリーで食物繊維も豊富なので、おなかいっぱい食べても安心です。

きのこには種類がたくさんありますので、調理方法を変えれば毎回の食事に取り入れることも可能ですよ♪

また、きのこは冷凍保存も可能な食材です。

冷凍して常にストックしておけば、料理のボリュームを増やしたい時にもすぐ使えて便利です。

・根菜類

根菜類は食べごたえのあるものが多く、和食から洋食まで様々な料理に使えます。

ゴボウやレンコンなどが特におすすめです。

また、根菜類には体を温める効果がありますので、冷え症で代謝が悪く痩せにくい人にもお勧めな食材と言えます。

・こんにゃく

こんにゃくは触感がよく自然と咀嚼が増える食材です。

カロリーもとても低く、おなかの中で膨張するのでダイエットにはとてもおすすめです。

また、老廃物を外に出す効果があり、便秘にも効果的。

美容にもとても良いんですよ♪

・漬物

カリカリとした歯ごたえで、少量でも満足感が得られるのが漬物類です。

ご飯と一緒に食べることで、自然と噛む回数が増えますよね!

注意したいのは、塩分が多めなのであくまでご飯などの主食に添えるものとして、食べ過ぎないようにしましょう。

いかがでしたでしょうか?

食べる時に噛む回数を意識することで、食べたいものを食べながら通常より少ない量で満腹感を得られ、さらに胃に負担もかけないなんて理想的ですよね!

ダイエットをして美しくなるには、ストレスをためずに健康的に痩せることが重要です。

まずは、日ごろの食事でかむ癖をつけることが健康的なダイエットへの第一歩なのかもしれません。

関連記事
最新記事