1

愛犬の「夜中のトイレ」どうしていますか?毎晩問題ナシですか?

人間にとっても大事な睡眠時間…愛犬に使う事が多くなるかもしれません…!?

我が家の場合、ベッドサイドのケージで眠るの愛犬達が、夜中(2~5時の間)にトイレに行きたくなってクンクンと鳴き出します。1匹が鳴き出すと、3匹揃って「トイレ!トイレ!」と大合唱になり、そのため筆者は寝ぼけ眼で3匹を抱えて、1階のリビングにトイレをさせに行きます。

もちろん3匹を抱えての階段の上り下りは危ないとは思うのですが、彼らには「一階の自分達のトイレを使いたい」というこだわりがあるらしく、一階でウンチもおしっこも済ませ、ついでに恒例になってしまった夜食(フード)を平らげ、ようやく筆者と一緒に二度寝に戻れる、という形です。

以前、ケージ横に試験的に簡易トイレを置りしましたが、結局自分でしてくれたり、しなかったり、という調子で、結局起こされてしまうのでその作戦は早々に断念しました。

犬仲間の方に聞くと「トイレは朝まで我慢しているらしい」とのこと。…そんなこと出来るんだ?一緒に寝ていて、犬達は勝手におトイレ、もしくは、行かないで我慢で済んでいる、なんてすごい事。

珍しくないのかしら…?毎日確実に起こされる筆者は「何かしつけを失敗してるのだろうか?」と、「夜中&トイレ」で調べて回っています。

しかし、ほかの飼主さん達の意見を聞いてみると、

「したいならさせるべき」「我慢して結石にでもなられたら大変」「遊び足りないのではないか?」「室内でさせたらどうか?」

etc…

意見を聞いて、ますますどうすれば良いのか分からなくなりましたが、結局は「おウチそれぞれの事情がある」という事のようです。

我が家は”我が家の解決方法”を見つけて、対処する他なさそうです。

筆者の失敗談

根本的に何が原因だろう?と考えた時、しつけの際の「おやつをあげる」事を習慣にしてしまった事を、まず思い浮かべました。

我が家のルール(しつけ)として「私が食事を済ませてから彼らの食事を与える」というクセをつけていました。ただ、このしつけ自体は間違ったしつけではありません。問題は、しつけとは別に「間違ったクセ」をつけてしまった事です。

失敗は夜食を与えた事

ある時、私が夜中に完全に起きてしまい、小腹が空いたので夜食を取ろうとしていました。そこでついでに「彼らにも夜食(フード)を与えてしまった」のが、失敗の元だったと今では思います。

「おやつを与えるしつけはわが家の愛犬には合っていなかったのかも?」「おやつを与えるしつけのせいで空腹感を覚え、尿意を催すのでは?」と自分のしつけの失敗を振り返ります。

寝かせ方やしつけの方法は諸説あるものの、おそらくは根っから食いしん坊の我が家のダックスフンド。一度、身体と脳に沁み込んだ習慣を治すのは一苦労です。。。

年を取るとガンコに!しつけも時間がかかるようになります。

それにしても、「年を取るとガンコになる」というのは人間だけでなく犬も同じようで。愛犬達も「自分の好きな場所でトイレを済ませたい!おやつも食べたい!」という、フシがあります(笑)

特にシニア犬になると強く出る傾向のようで、室内ケージ横のトイレに連れて行き根気よく待ってみても「絶対イヤだ!」とばかりにペタンと座り込んでしまいます。作戦失敗です(苦笑)
これでは、筆者が密かに考えていた、「一回り大きなケージにしてその中にトイレシートを敷く」という作戦もとん挫しそうです。

ついでに書きますと、真ん中と下のコには「食ふん」のクセがあるのです。(※これについてもいつか書きたいと思います)なので、ウンチをする時は、目を離さないようにしています。「勝手にトイレ済ませてね」という訳にはいかないのが現状です。

やれやれ、筆者の慢性的な寝不足は、なんとか熟睡するか、素早く二度寝に戻るという特技(?)を活かして、乗り切るしかなさそうですね。

まとめ ~愛犬の将来について~

さて、私の失敗談を振り返ってみて、あらためて今回の問題の対象を考えると、

夜中のおやつ少しずつ少量にしていき、トイレ=おやつを止めていくいわゆる「夕飯」の量を増やし、朝まで空腹を覚えないようにする夜の遊びを増やし、疲れさせて寝付かせるようにする

といったところでしょうか。
特におやつ&トイレの流れは早々に直したいと考えています。
(みなさんが知っている解決方法があれば、この記事のコメントで是非教えて下さい♪)

当面の対処は上記の通りですが、将来的に介護・介助が必要になれば、手厚く守ってあげたいと思います。トイレには頻繁に行くでしょうし、飼い主を何度もトイレに起こしたり、場合によってはおしっこが垂れ流しになってしまうので「要おむつ」という場合も多いと聞きます。

愛犬の認知症による夜鳴きは、「寂しさ」からくる場合もあると聞いたので、その時は、愛犬におむつをして、抱っこして一緒に寝るようにするかもしれません。

その時は、「おしっこのにおい」も「愛犬との上下関係」も「毛だらけになる」事も、気にしないようになるのではないかな、という気がします。

関連記事
最新記事