男が落ちる「モテ仕草」と、勘違い「モテ仕草」の境界線って?

女性らしくかわいらしい仕草は、男性をドキッとさせるもの。でも、男性がグッとくるモテ仕草は、一歩間違えれば勘違いになってしまうことも。今回は、男性の本音から、男がときめくモテ仕草と、失敗しているモテ仕草を把握することで、効果的なモテ仕草をチェックしましょう。

<目次>

■男性がグッとくる、女性のモテ仕草・8つ

好きという気持ちは、理屈ではなく直感的に感じることが多いですよね。男性は女性がどのような仕草をしたときに心を動かされるのでしょうか。男性がグッとくる女性のモテ仕草について、社会人男性のみなさんに聞いてみました。

◇1.髪を結ぶ

・「料理をする前に髪をしばったりする仕草が好き」(男性/26歳/団体・公益法人・官公庁/専門職)

・「料理を食べるときにゴムで髪をとめるとき」(男性/33歳/生保・損保/販売職・サービス系)

男性の前で髪を結んでみせるのは鉄板のモテ仕草ですよね。結べるくらいの長さの髪型であれば、気になる男性の前で試してみては?

◇2.足を組みかえる

・「ミニスカートで足を組みかえる」(男性/33歳/機械・精密機器/技術職)

・「足を組みかえる仕草がグッとくる」(男性/29歳/運輸・倉庫/営業職)

女性が足を組みかえると、男性に自然な脚線美アピールができそうですね。ただし、あまりにもあからさまな感じにはしないほうがよさそうです。

◇3.腕を組む

・「歩いているときに腕を組んでくる」(男性/31歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「腕を組んでくる。キスを求めてくる」(男性/31歳/学校・教育関連/専門職)

男女が腕を組むと、手をつなぐよりも距離が縮まりますね。しかも、手をつなぐより甘すぎない印象です。

◇4.さりげないボディタッチ

・「さりげないボディタッチ。自分に好意を持っているのかと勘違いしてしまう」(男性/33歳/自動車関連/技術職)

・「いやらしい感じのないボディタッチ」(男性/31歳/生保・損保/営業職)

男性が気になる女性からさりげないボディタッチをされると、まんざらでもないのではないでしょうか。

◇5.上目遣い

・「上目遣いは反則だと思う。あとアヒル口」(男性/29歳/自動車関連/技術職)

・「上目遣いで見つめられるとドキッとする」(男性/31歳/商社・卸/事務系専門職)

女性が男性を下から見上げる上目遣い。小動物のような愛くるしさがあり、グッときてしまう男性もいますね。

◇6.髪を耳にかける

・「髪を耳にかける仕草。髪のきれいな女性ほど魅力的だと思う」(男性/29歳/医療・福祉/事務系専門職)

・「髪を耳にかけながら見つめられるとヤバいと思います」(男性/32歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

髪をまとめるのはある程度の長さがないと難しいですが、髪を耳にかける仕草はほとんどの女性ができそうですね。

◇7.唇を湿らせる

・「リップを塗って唇を濡らしたときはグッとくる」(男性/31歳/通信/営業職)

・「唇をなめる仕草」(男性/33歳/機械・精密機器/その他)

プルプルで潤いのある唇は魅力的ですし、男性は女性の唇のあたりに動きがあると見てしまうのでしょうね。

◇8.髪をかきあげる

・「髪をかきあげたとき。普段見えないうなじあたりが見えるから」(男性/30歳/医薬品・化粧品/営業職)

・「髪をかきあげるなどの女性特有の仕草」(男性/34歳/建設・土木/技術職)

髪をかきあげるのも鉄板のモテ仕草です。その際、シャンプーの香りがすると、なおよさそうですね。

男性がグッときてしまう女性のモテ仕草には、以上のようなものが挙がりました。髪を結んだり、かきあげたりする仕草は定番中の定番のようですね。

■男性が勘違いだと思う、女性の残念モテ仕草・8つ

女性が好きな男性のためにがんばる姿は健気です。しかし、女性がよくするモテ仕草について男性に聞いてみると、かえってしないほうが好印象というケースも見受けられました。女性はモテ仕草だと思っているかもしれないけど、男性からみたら実は勘違いだと思ってしまう残念な女性の仕草について、チェックしていきましょう。

◇1.過度なアピール

・「胸を強調したり、スカートを短くしすぎること」(男性/32歳/医療・福祉/専門職)

・「胸の谷間を見せたりする行為。軽い女性と思われることが多いと思う」(男性/34歳/情報・IT/営業職)

胸の谷間や太ももは男性の好きなパーツではありますが、女性のほうから見せすぎるのは逆効果なのだとか。

◇2.甘えた声を出す

・「甘えた声とかは正直ウザいですね」(男性/29歳/医療・福祉/販売職・サービス系)

・「甘えた声でぶりっ子をしてくるところ」(男性/25歳/機械・精密機器/技術職)

好きな人の前では、声のトーンが高くなる女性もいます。しかし、やりすぎるとウザいと感じられてしまうことに。

◇3.香水をつけすぎる

・「香水強め。露出多め。下ネタ発言」(男性/28歳/電力・ガス・石油/事務系専門職)

・「香水など、ニオイのきついものをつけすぎること」(男性/31歳/電機/技術職)

香水をつければつけるほど、男性にモテるというわけではないのです。自分がつけているニオイには気づきづらいこともあるので、要注意ですよ。

◇4.あからさまな上目遣い

・「上目遣いで見てくるとき、ウザく感じるときもある」(男性/30歳/医薬品・化粧品/営業職)

・「あからさまな上目遣い。モテる女子アピール」(男性/31歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

上目遣いはモテ仕草のひとつですが、わざとらしさを感じさせてしまうのはNGです。

◇5.視線が強すぎる

・「目をグイグイ見て来てガツガツ話す感じ」(男性/29歳/情報・IT/経営・コンサルタント系)

相手をしっかり見て話すのはいいことと言われますが、グイグイ来る感じが伝わってしまうと、嫌がる男性もいるのです。

◇6.アヒル口にする

・「アヒル口。ぶりっ子が目につくし、かえってブサイクに見える」(男性/32歳/印刷・紙パルプ/事務系専門職)

・「アヒル口。静止画などで見るのはいいけど、リアルで会っているときなどはしすぎに注意したほうがいいと思う。変な子だと思われる」(男性/28歳/金属・鉄鋼・化学/その他)

女性としてはかわいく見せるためにするアヒル口。写真を撮るとき以外にアヒル口にしていると、嫌がられることも。

◇7.世間知らずなふりをする

・「本当は知ってるのにわからないふりをする」(男性/33歳/通信/事務系専門職)

・「酔っ払ったふりや、自分が世間知らずだと感じさせるような仕草」(男性/33歳/ホテル・旅行・アミューズメント/営業職)

世間知らずなふりがバレバレだと、面倒な女性だと思われる可能性が高そうです。

◇8.過度なボディタッチ

・「ボディタッチ。飲み会で気のない子にボディタッチをされて引いたことがある」(男性/32歳/自動車関連/技術職)

・「ベタベタ触ってきたり、髪をかきあげまくる」(男性/31歳/生保・損保/営業職)

ボディタッチをするなら、男性にしつこいと思われないようにしましょう。

一見男性が喜びそうなモテ仕草でも、男性が女性のほうから仕掛けていると思ったり、アピール過多だと思うようなものは残念なモテ仕草。もしモテ仕草をしたのにモテないようであれば、ナチュラルさが足りなかったのかもしれませんね。

■まとめ

男が落ちる「モテ仕草」と、勘違い「モテ仕草」の境界線を詳しく見てみました。男性から好印象に思ってもらえるモテ仕草のカギは、自然さのようですね。どんなにかわいい仕草でも、やり過ぎるとアピール過多になってしまうので注意しましょう!

関連記事
最新記事