幸せ呼ぶ猫神の呟き ローション、ミルク、クリーム、それぞれの役割をちゃんと知っていますか?

ローション、ミルク、クリーム、それぞれの役割をちゃんと知っていますか?

あなたは普段スキンケアをする際に、きっちりそれぞれの役割を理解してケアしていますか? スキンケア初心者さんも、今までなんとなく使用していて正式な役割までは把握していなかったと言う人も、今日からは完璧♪ しっかり理解した上で自分に合ったスキンケア用品も見つけましょう!

ローションの役割

ローションとは、一般的に化粧水のことを指します。7~8割は水でできていて、洗顔で失われてしまった水分を取り戻す役割をしています。水分を角質層まで浸透させて、ローションに含まれている美容成分を肌のすみずみまでいきわたらせます。また、肌を整えて、乳液やクリームの効果をUPさせてくれます!

ミルクの役割

ミルクは乳液を指します。洗顔をすると、水分はもちろん皮脂も失われてしまいます。その皮脂の代わりに、肌の表面を保護するのがミルクの役割です!また、ローションの成分が失われるのを防ぎ、肌が本来持っている潤い成分を肌に届ける役割もしてくれます。自分の肌に合わせて、保湿、美白など目的に合った成分が配合されているものを選ぶと良いでしょう♡

クリームの役割

クリームは「スキンケアの中で特に大切だ」という化粧品会社もありますね。一般的にクリームは、ミルクよりも油分が多くつくられていて、肌を柔軟にする役割があります。肌の表面にオイルの膜のをつくり、ローションやミルクなどの蒸発を防ぎます。また、その膜は外の刺激から肌を守る働きをします。つまり、クリームが大切というのは、クリームをしなければローションとミルクの効果が失われてしまうと考えたから、ということになります。

では、この3ステップは必ず必要なものなのでしょうか?

結論から言うと、必ずしも必要というわけではありません。では、いったいどうしてなのでしょう。その答えはスキンケアはそもそも何が大切なのか、と言う事に着目すると見えてきます。

スキンケアにおいて大切なこと

1.水分補給
2.保湿
3.水分や成分の蒸発を防ぎ外からの刺激から肌を守る

この3つが、スキンケアにおいてとっても大切で重要視するべきものです。つまり、この3つが達成できるなら、必ずしもローション、ミルク、クリームなどの段階を踏まなくても良いということになります。

オールインワンって実際どうなの?

1本ですべてのスキンケアができてしまうというのがオールインワンですね。
「オールインワンは効果が期待できない」と、聞いたことはありませんか?
なぜそのように考える人がいるかと言うと、上記の3つの効果が十分ではないと考えているからなのです。

オールインワンが登場したのは比較的最近の出来事になりますが、その時はもちろん3ステップ分の効果はあまり望めないものでした。ですが、技術は日々進歩していて、化粧品業界も驚くべきスピードで成長していきます。登場したときよりも遥かに素晴らしい商品が増えています。オールインワンが頼りない、というのも少し古い考えになってきているのかもしれませんね。

ですので、必ずしもオールインワンがダメ!という話にはならないのです。肌の摩擦が少なくて済むなどのメリットもあります。女性が忙しい時代というのもあり、時短アイテムとしても人気を集めています。

いかがでしたか?
是非これからのスキンケア用品選びの参考にしてみてください♪。

【必見】人気ホテル&旅館が最大78%オフ 東京1泊5500円~京都1泊5200円~全国どこでも今直ぐチャック!

関連記事
最新記事