1

今晩から取り入れよう 寝たまま! すりすりストレッチ

「ストレッチは痛い」なんて思っていませんか?足やひざで床を“すりすり”する簡単なストレッチで、股関節を滑らかに動かしましょう。寝たままできるから、全身がリラックス。美脚やヒップアップ効果も期待できます。

 バレリーナのような開脚屈伸に憧れるけれど、痛いストレッチは苦手……。そんな人にオススメしたいのが、3つの「すりすりストレッチ」だ。横になった姿勢で、かかとやひざを床に“すりすり”と滑らせるだけ。緊張しがちな太ももやひざまわりが自然にリラックスし、美脚やヒップアップが期待できる。楽チンで楽しいストレッチだ。

 「目的は、股関節を中心に脚を動かす感覚を取り戻すこと」。「すりすりストレッチ」を考案した、筋肉デザイナーの藤本陽平さんはこう話す。歩く、屈む、階段を上るといった動作は、本来、股関節が中心の動き。だが実際には、太ももやひざまわりの筋肉が頑張っている人が多いという。すると、動きの悪い股関節が凝り固まる一方で、頑張りすぎの太ももは緊張して太くなる。お尻の筋肉は怠けがちで、垂れるか、横に広がる。

●股関節を中心に動く感覚をつかむ あお向けすりすりストレッチ
股関節を中心に脚を大きく旋回させる。立って行うと太ももやひざまわりが力みやすいエクササイズだが、あお向けですりすり動かせば、リラックスしやすい。

●内ももを柔らかくしてももを細くする うつぶせすりすりストレッチ
うつぶせになってひざをすりすりと引き上げるポーズは、内ももをほぐす効果が高い。緊張が取れ、血行が良くなり、太もも引き締めにもつながる。

●お尻の筋肉を使って引き締め&ヒップアップ 横向きすりすりストレッチ
脚を振り子のように前後に動かす定番のヒップアップ体操。だが実は、正しく動くのがけっこう難しい。横になってすりすり動けば、ずっとカンタンにできる。

この人に聞きました
藤本陽平さん筋肉デザイナー
パーソナルトレーナー・スポーツトレーナーとして2万人以上を指導。股関節ストレッチスタジオ「ナチュラルムーブメント」主宰。著書『10年先も元気なカラダ! 股関節スローストレッチ』(新星出版社)など。http://akarada.com

関連記事
最新記事